【無料】長期インターン相談受付中!

長期インターンはきつい?辛いと感じる人や向いていない人の特徴を解説

長期インターン きつい

長期インターンについて調べてみると、必ずと言っていいほど「きつい」という言葉を目の当たりにします。

長期インターンをきついと感じるか、やるべきと感じるかは人それぞれですが、実際に目的意識や目標がないと辛く感じるのも事実です。貴重な大学生活の時間を使う以上、長期インターンを始める心構えをしておきましょう。

本記事では、長期インターンがきついと言われる理由や向いていない人の特徴参加して良かったと思える人の特徴など、長期インターンの辛さやメリットを徹底的に解説しています。

長期インターンは泥臭い仕事も多いです。それでも目的意識を持って取り組むことで、自身のスキルアップにも繋がりますよ!

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

あなたにぴったりの求人が見つかる!
長期インターンサイトRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

Renew(リニュー) は、大学1年生から始められる長期インターン専門サイトです。週2日・土日勤務OK・時給1,500円以上など、優良企業の長期インターンを厳選掲載しています。

 

 

長期インターン探しの不安を解消する無料相談サポートも実施中あなたの価値観に合う企業の紹介や、面接対策など、内定率アップのサポートを行っています。

 

【無料】長期インターンを探してみる!

長期インターン・有給インターンを探す
営業 企画 マーケティング
エンジニア デザイナー 編集/ライター
人事/広報 事務/アシスタント コンサルタント

長期インターンがきついと言われる3つの理由

長期インターンを「きつい」と感じるか否かは人それぞれですが、辛いと感じる人には共通した理由があります。

それぞれの理由を解説していきます。

きついと言われる理由①
仕事の責任が大きい

まず1つ目は、仕事の責任が大きいことです

そもそも企業が長期インターンとして学生を雇う理由の1つに「戦力として採用する」という理由があります。そのため、企業は社員と同様の扱いで長期インターン生にも仕事の成果を求めます。

アルバイトでは、比較的誰でもできるような単純な仕事を淡々とこなすことが求められますが、長期インターンでは、企業で働く社員と同様に本格的な業務を任せられます。

ただ与えられた仕事だけをこなすだけでは評価されず、自分自身で考えて何をしたらよいかどうしたら成果を上げることができるかと常に考えて仕事をする必要があります。そのため、必然的に責任感も伴うのです。

責任が大きい仕事を任せられることは大きなやりがいや成長ができる機会であると同時に、成果が出せなかったり、うまくいかないことが続くことで責任感やプレッシャーも感じてしまうこともあります。

仕事の責任が大きいということは人や状況によって、きついと感じてしまうかもしれません。

きついと言われる理由②
業務量が多く、長時間勤務が求められる

2つ目は、業務量が多く長時間勤務が求められることです。

当然ながら企業や募集内容によっても大きく異なりますが、平均的には週2〜3日程度の勤務が求められる場合が多いです。また、1日4~8時間程度の勤務となるため、1週間で見ると8~16時間程度になるでしょう。

大学生のアルバイトの平均時間は、約11~15時間程度と言われているため、普段アルバイトで平均的に働いているひとからすると同じくらいの勤務時間です。

しかし、アルバイトよりも長期インターンの方が責任感のある仕事や難易度の高い業務を任せられるため、アルバイトと同じぐらいの時間働いてもきついと感じることもあるでしょう

また、普段あまりアルバイトをしていないひとからすると慣れない仕事に長時間費やすのはきつく感じるかもしれません。

ただし、長期インターンの中にも、週1日から参加できるものもあります。長期インターンに参加するためには、大学の授業とも両立する必要があるため、履修登録の状況を加味しながら現実的に参加可能な勤務条件の長期インターンを探してみることをおすすめします。

きついと言われる理由③
泥臭い仕事が多い

長期インターンは、泥臭い仕事が多いです

理由としては、どんな仕事であっても大きな仕事を任せられる状態になるには、まず地味で泥臭い仕事から始める必要があるためです。

ほとんどの学生は、スキルや知識がない未経験から長期インターン生として入社するため、入社したては当然ながら新卒社員と同様に扱われます。そのため、初めから大きな仕事を任せられることはほとんどありません。

基礎的な仕事をこなし、成果を出すことによって、徐々に信頼を得て大きな仕事を任せられるようになるのです。

また、どんな仕事も意外と泥臭い仕事が多いです

「マーケティング職」と言われるとスマートな仕事のイメージが強い人も多いかもしれませんが、細かい数値の確認や分析、多くの関係者との連携や調整業務など、地味な業務の割合も多くあります。

はじめはどんな人も地味で泥臭い仕事をこなし、当たり前にできるようになってから社内でも信頼を獲得していき、最終的に責任感の大きな仕事や難易度の高い仕事を任せられるようになります。

そのため、入社したてはつらいと思うことも多いかもしれませんが、目先のことだけではなく長い目で見て乗り越えれるようにしましょう。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

長期インターンがきつい・辛いと感じる人の特徴

そもそも長期インターンに参加する目的は、企業や業界の理解を深めることや働くことの意味や意義キャリアの価値観を醸成するためにあります。

そのため下記に当てはまる人は、長期インターンに向いていない可能性があるため、十分に理解した上で参加を検討しましょう。

それぞれ解説します。

辛いと感じる人の特徴①
目的や目標がないひと

目的や目標を持たずに長期インターンに参加するのはおすすめしません

なかには「周りが長期インターンに参加しているから」「なんとなく参加した方が良さそう」といった曖昧な動機で長期インターンに参加をしようと考えてる人もいるのでは無いでしょうか。

しかし、そのような状態で長期インターンに参加をしてしまうと長く続けることが難しくなります。

長期インターンは、アルバイトのようにマニュアル化された仕事ではなく、社員と同様の業務を行います。そのため、初めの頃はできない仕事や慣れない仕事、大変に感じることも多いため、目的や目標が無いと挫折してしまう可能性が非常に高いです。

  • 就職活動に活かすため
  • 就職したい企業や業界を決めるため
  • 学生のうちから実務スキル・ビジネススキルを身に付けるため

など目的や目標は何でも構いません。

きつい、辛いと感じた時に「原点」に立ち返るためにも必ず明確な参加目的や目標は持って参加をしましょう。

辛いと感じる人の特徴②
勤務時間の確保ができないひと

2つ目は、勤務時間の確保ができないひとです。

長期インターンは、(企業によって異なりますが)最低限必要な出勤日数が定められています。平均的には、週2~3日の出勤が求められることが多いです。そのため、授業や部活動、サークル活動などが忙しく、長期インターンに割ける時間がなかなか確保できないというひとはあまり向いていません。

また、当然ながら長期インターンに注ぐことができる時間が多ければ多いほど成長スピードも速くなります。週数時間しか参加ができない場合は、成長スピードも落ちてしまうため、まずは十分に長期インターンに割ける時間があるか考えてみましょう。

ただし、最近では、リモート勤務が可能な長期インターンなども増えてきているため、空コマなどのスキマ時間などを効率的に活用して参加できる長期インターンを探してみるのも良いかもしれませんね!

辛いと感じる人の特徴③
自分の頭で考えるのが苦手なひと

最後は、自分の頭で考えるのが苦手なひとです

長期インターンでは、実際に働く社員と同様に”会社の戦力”としても採用されます。もちろん、多くの学生は実務経験が無い状態で長期インターンとして働くため、最低限の教育制度が整っている会社が多いです。しかし、細かく仕事の指示を貰えるのは最初のうちだけです。

ある程度ひとり立ちをした後は、ただ指示を待つだけでは無く、どうしたら今よりも成果を出せるのか、何をしたら目標を達成できるのかなどと自分で考えながら働く必要があります。

仕事に正解はありませんが、少なくともアルバイトのように任されたことだけをただ単にこなすだけでは評価されないため、指示待ちや受身体制、マニュアル通りに仕事を進めたいという方にはあまり向いていません。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

きつい以上に長期インターンに参加して良かったと感じる人の特徴

一方で「長期インターンに参加して良かった」と思う人にも共通した特徴があります。

それぞれ解説します。

①明確な目標を持っているひと

明確な目標ややりたいことが明確にあるひとは、長期インターンに非常に向いています。

業界・職種の理解を深めたい、学生のうちから実務スキルを身に付けたいなど目的は何でも構いません。何事も何かに打ち込む際に目指すべき目標を持つことで、目標を達成するために今やるべきことが明確になりますし、逆に今の課題(これから改善・伸ばさなければいけないこと)もハッキリします。

また、目標がある人と無い人では、仕事の成果はもちろん成長度合いにも大きな差がでてしまいます。それだけではなく目標が無い人は途中で挫折してしまう可能性もあります。

そのため、どんなことでも良いので、長期インターンに参加する目的や長期インターンを通じて自分がどんな人間になりたいのかという参加する目的を持っている人の方が長期インターンを通じて得られることは多いでしょう。

②自己成長に貪欲になれるひと

自己成長に貪欲になれるひとも、長期インターンに向いています。

当たり前かもしれませんが、何事も向上心が高い人や常に現状維持で満足しないひとの方が、圧倒的に成長スピードが速いです。

特に長期インターンではほとんどの方が社会人経験が無く、経験やビジネススキルなど何もない状態でチャレンジするかと思います。そのため、どんな仕事も初めて経験することばかりで入社したてのうちは、うまくいかないことや失敗してしまうことも多くあるでしょう。

そんな時に「初めてだから仕方ない」と思うのではなく、自分自身がどうしたら成長できるのかと常に考えられるひとの方が圧倒的に成長することができます。

精神論になってしまうかもしれませんが、どんな時も初めてチャレンジすることに対して成長に貪欲になれるひとの方が圧倒的に向いています。

モチベーションの維持ができないひとや成長に貪欲になれないというひとは、成長をした結果である理想の自分を描いてみると良いでしょう。

③優秀な学生や社会人と一緒に働きたいひと

最後は、優秀な学生や社会人と一緒に働きたいひとです。

長期インターンに参加をする学生の多くは、一般的な就活生よりも早期から将来のキャリアを考えて動いている傾向があります。そのため、長期インターンに参加をすることで同世代の非常に優秀な学生とお互い高め合いながら働くことができます。

また、そんな優秀な同世代の学生だけではなく、企業で働くことで当然ながら社会人とも一緒に仕事をすることができます。

就職前の学生のうちから優秀な学生や社会人と働くことによって、様々な刺激を受けたり、ビジネスマインドを身に付けることができたりと非常に貴重な環境の中で自分自身を成長させることができます。

周囲から刺激を受けながら切磋琢磨して成長していきたいというひとにも長期インターンは向いています。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

長期インターンに参加する前に知っておきたいこと

続いては、長期インターンに参加する前に知っておいて欲しいことをまとめました。

それぞれ解説します。

どんな仕事も最初はきついと感じるもの

まずは、「どんな仕事も最初はきついと感じるもの」ということです。

世の中に楽な仕事はありません。アルバイトと異なり、長期インターンは社員と同様に成果を出すことを求められます。そのため、責任感も大きく、うまくいかないことに対してきついと感じたりストレスを感じたりすることも多いです。しかし逆に言えば、ストレスに感じることができるのは成長できるチャンスでもあります。

きついことも多い反面、長期インターンに参加をすることでキャリアの幅が広がったり、就職活動でも大きな武器になるため、参加したいひとはある程度の覚悟を持って参加しましょう。

労働条件の悪い企業には注意すること

2つ目は、「労働条件の悪い企業には注意すること」です。

長期インターンは学生にとって非常に魅力的な機会である一方で、「ブラック企業」や「やりがい搾取」と言われるような長期インターンも多くはないですが、存在します。例えば、長期インターンであるにも関わらず給料が出ないケースや成果に対して見合った報酬が出ないなどです。

そのため、良い面ばかりに引っ張られず、納得のできる労働条件かどうかは事前に必ずチェックしておきましょう。

仕事のやり方は先輩社員が教えてくれる

3つ目は、「仕事のやり方は先輩社員が教えてくれる」ことです。

長期インターンは、社会人と同様に仕事上では成果が求めれますが、前提として社会人経験の無い学生を受け入れることから企業側も新卒社員と同様に教育環境を整えてくれていることがほとんどです。初めのうちは基礎的なことでも一から教えてくれますし、OJT形式(※)で先輩社員がマンツーマンで教育してくれる企業も多いです。

いきなり仕事を任せられることはないため、分からないことがあれば先輩社員に質問をしながら徐々に知識やスキルを身に付けていきましょう。

(※)OJT形式とは、新人や業務未経験者に必要なスキルや知識を、上司や先輩などのトレーナー(OJT担当者)が実務を通じて指導していく教育方法です。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

長期インターン選びに失敗しないためのポイント

続いては、長期インターン選びに失敗しないための3つのポイントをまとめました。

それぞれ解説します。

仕事内容で選ぶこと

最初のポイントは、「仕事内容」で選ぶことです

いざ長期インターンを探してみると、これまで聞いたことのない企業ばかりでどのように参加したいインターン先を決めたら良いか分からないと迷うひとも多いと思います。そのような方はまず、どんな仕事をしたいかで絞り込んでいくと良いでしょう。

仕事内容は、営業や企画、マーケティング、エンジニアなど職種単位で絞り、そこからもう少し具体的な仕事内容を見ながらやりたいことを見つけることをおすすめします。

例えば、営業職とひとくくりにしてもどのような商品・サービスを取り扱うのかや営業先が誰か(企業や個人など)によってもやりがいに感じる場面や向き不向きも異なります。

そのためまずは様々な仕事を知るところから始め、そこから自分自身の興味関心にあわせて選ぶと良いでしょう。

勤務条件や給料を確認すること

2つ目のポイントは、「勤務条件や給料を確認すること」です。

勤務条件とは、主にシフトなどのことを指します。インターン先の企業によって、「週〇日以上、一日〇時間以上」などと勤務条件が設定されています。長期インターンに参加するためには、大学の授業とも両立する必要があるため、そもそも条件通り勤務できるかという点も考慮しながら選ぶと良いでしょう。

また、給料も参加前に見るべき重要なポイントです。有給であることは長期インターンは魅力の1つです。いくら成長できるといっても多くの時間を割いて参加をするため、仕事内容に見合った報酬を貰うことも大切です。

企業によって、時給制や成果報酬(出した成果によって給料が変動する給与形態)など給料の条件は様々です。時給制は高いに越したことは無いですが、時給が高く設定されているインターン程、業務の難易度が高い傾向があり、その分仕事も大変です。

また、成果報酬は、成果が出せればその分給与として還元されますが、逆に成果が出せない場合は時給制よりも低くなってしまう可能性もゼロではありません。

インターンを探す際には、仕事内容や学びたいことばかりを見てしまいがちですが、勤務条件や給与も重要なポイントのため、必ずチェックをしておきましょう。

不安なことは面談や面接時に確認すること

3つ目のポイントは、「不安なことは面談や面接時に確認すること」です。

長期インターンを選ぶ際や応募する際、多くのひとは企業のHPや求人に記載されている情報を元に判断をするでしょう。しかし、いくら調べて見ても実際に働かないと分からないことや直接聞かないと分からないこともたくさんあります。

そのような時は必ず選考中に不安を解消しましょう。入社後に想像と違ったとなってしまっては時間が勿体ないですし、内定獲得まで努力したことが無駄になってしまいます。

選考中は採用担当者や現場社員と直接コミュニケーションをとれるため、選考前にあらかじめ聞きたいことやもう少し詳しく知りたいことを洗い出し、入社にあたって不安に感じることは採用が決まる前に必ず解消しておきましょう。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

長期インターンに関するよくある質問

最後に、長期インターンに不安を抱える人のよくある質問をまとめました。

それぞれ解説します。

ベンチャー企業のインターンシップはきついですか?

ベンチャー企業やスタートアップ企業と聞くと、実力主義や成果主義で業務がきつそう…というイメージもありますが、業務難易度だけで見ると大手企業や中小企業と大きく変わりません

責任のある仕事を任せてくれる一方で、入社初月は先輩社員が丁寧に仕事の進め方を教えてくれますし、未経験からいきなり仕事を振られることはまずありません。

ただし仕事に慣れてきたら成果を求められるのも事実ですし、成果が出せるまではきついと感じる人もいるでしょう。

会社によっても働き方や雰囲気は異なるので、面談や面接を通じて、どんな働き方ができるのかイメージを持ってから参加をしましょう。

営業のインターンシップは正直きついですか?

営業のインターンシップは、泥臭い仕事も多く成果が出せるまではきついと感じることが多いのも事実です

一方で、営業職には、「成果が数字にでてやりがいを感じやすい」「お客さんから直接感謝の言葉が聞けるやりがいの大きな仕事」「会社に利益という形で直接的に貢献することができる」など営業職にしかない魅力も非常に多くあります。

また、メールや電話対応、コミュニケーションスキル、課題解決スキルなど幅広い基礎的なビジネススキルも身に付けることができる仕事でもあります。

実際に成果を出すまでの過程はきついですが、最も現場に近い仕事であり、どんな会社でも求められるポジションではあるため、成果に貪欲になれる人にはおすすめの職種です。

▼あわせて読みたい
営業のインターンシップの仕事内容!

大学1年生・大学2年生から参加するのはきついですか?

大学1年生や大学2年生でも、学業と両立して長期インターンに参加することは十分可能です

実際に多くの学生が大学1.2年生から長期インターンを始めていますし、企業によっては、週1日から参加が可能な長期インターンや土日勤務・リモート勤務ができる長期インターンもあります。

長期インターンは早く始めれば始めるほど身につくことも多くありますし、将来の就職活動にも活きる経験になります。ハードな日々になることもありますが、興味がある人は学年限らず挑戦してみることをおすすめします。

就活の時期に長期インターンを始めるのはきついですか?

結論から伝えると、就職活動との両立はあまりおすすめしません

就職活動中や日々説明会への参加やエントリーシート・履歴書の作成、面接や選考対策とやらなければいけないことがたくさんあります。そのため、長期インターンに時間を割いて、本選考を疎かにしてしまったら元も子もありません。

そのため、長期インターンに興味がある方は遅くとも大学3年生の上期から検討してみると良いでしょう。もしくは、内定獲得後に参加を受け付けている企業もあるため、就職活動がひと段落してから参加してみるもの良いでしょう。

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

まとめ

この記事では、長期インターンのきついと言われる理由や長期インターンに向いていない人の特徴についてご紹介しました。

最後に要点をまとめます。

  • 目的や目標がないひとには、長期インターンは向いていない
  • 長期インターンの参加には、十分な勤務時間の確保が必要
  • 自己成長に貪欲になれる人ほど、素晴らしい時間になる
  • どんな仕事も最初はきついと感じるものだと理解する

この記事を読んで、少しでも興味が湧いたら、実際にどんな募集があるのか、長期インターンシップを探してみましょう!

\ 早期登録が圧倒的におすすめ /

【無料】長期インターンを探してみる!

無料相談サポートも充実しています

社会人アドバイザーが対応!
長期インターン無料相談サポート


Renew相談サポート

 

長期インターン探しに迷ったらRenew相談サポート がおすすめ経験豊富な社会人アドバイザーが、あなたの長期インターン探しを完全無料でサポートします!

 

  • 長期インターンの始め方が分からない…
  • 自分に合う会社ってどうやって探せばいいの?
  • 書類選考や面接対策のポイントが知りたい…

 

社会人アドバイザーとの個別面談を通して、長期インターンの説明や探し方を丁寧にアドバイス長期インターンに少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください!

 

サポート内容を詳しくみる(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です