【全学年対象】長期インターンシップ募集中!

長期インターンとは?定義や意味をわかりやすく解説

長期インターンとは

学生生活や就職活動の中でよく耳にする”長期インターンシップ”。なんとなく意味を知っていても、具体的に何をするのかなぜ注目されているのかいつから始めれば良いのか、気になっている方は多いと思います。

また業界や職種、大手やベンチャー企業など、長期インターン先にも種類があり、どの企業に応募すれば良いか迷う人も少なくないでしょう。

今回は、学生におすすめの長期インターンについて、特徴や参加率、参加時期、見つけ方をご紹介します。

この記事を読めば、長期インターンに関するあらゆることを理解できますよ。

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

長期インターンとは

長期インターンとは

長期インターンとは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場です。

社会に出る前の学生が実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めることを目的にしています。

短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

時給が発生する有給インターンが多いため、お金を貰いながら仕事経験が積めるのも利点です。大学1.2年生はシフト調整が難しいかもしれませんが、勤務時間は会社と相談できるため、学業やアルバイトと両立することもできます。

長期インターンを探してみる

長期インターンと短期インターンの違い

長期インターンと短期インターンの違い

短期インターンは、1日〜1週間前後で行われる職業体験・就業体験の場です。

1日開催の1dayインターンや、サマーインターン、ウィンターインターンが短期に該当します。就職活動前の学生が対象で、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事理解を深めます。

短期インターンでは報酬を支給していない企業が多く、実際の業務を体験するような機会も少ないです。業界理解や職種理解を深めるためには有効ですが、仕事に直結するスキルを伸ばすには不向きです。

長期インターンと短期インターンの比較表

  期間 給料 業務内容
1Dayインターンシップ 1日 無給 企業説明や簡易的グループワーク、社員との座談会など
短期インターンシップ 1週間~1ヵ月程度 無給 インターン用に用意されたワーク
長期インターンシップ 1ヵ月以上
※3ヵ月以上と定義されることもある
有給 社員と同じ通常業務

インターンシップは就活の始まる大学3年生が参加するものと思われがちですが、昨今では大学1~2年生向けのインターンシップも多くあります。

また、大企業だけではなく、ベンチャー企業やスタートアップ企業など様々な企業がインターンシップを募集しています。

長期インターンを探してみる

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンとアルバイトの違い

働いた時間に応じて給料を受け取るという点において、アルバイトと長期インターンはどう違うのか?と思うひとも多いでしょう。形式的には同じですが、目的と仕事内容に大きな違いがあります。

アルバイトの場合、多くの人が給料のために働くことに対して、長期インターンの場合、将来に繋がるスキルを付ける・実務経験を積むことが最大の目的であり、給料は二の次です。

また、仕事内容については実際の社会人と同じ仕事を経験できるのが長期インターンの特徴です。例えば営業職であれば、自社のサービスや商品を購入してもらうために、営業をかけたり、実際に商談先に出向くなど、アルバイトでは経験できない貴重な実務経験を積むことができます

もちろん、責任感は長期インターンの方が大きくはなりますが、アルバイトと比較すると将来に活かせる経験となるのは長期インターンです。

長期インターンを探してみる

長期インターンの3つの特徴

長期インターンの特徴

参加時期は自由!いつからでも始められる

長期インターンは、募集時期・参加時期に決まりがありません

企業が求める勤務時間(最低週2日など)を満たしていれば、大学1年生からでも参加できます。 学業の都合上、時間の作りやすい大学3年生、4年生の参加が多いですが、履修登録を工夫して長期インターンに参加する大学1.2年生もいます。

アルバイト同様、給料がもらえる

長期インターンは、アルバイト同様『時給』による報酬が用意されています

時給額は企業や職種、勤務地により異なりますが、時給1,000円前後が多いです。 企業によっては、日給や月給、成果報酬を用意していたり、交通費や昼食代の支給、書籍代補助のような福利厚生が使えることもあります。

大手企業よりもベンチャー企業の募集が多い

長期インターンの募集は、大手企業よりもベンチャー企業で実施されていることが多いです。

実際に募集を見てみると、名前の知らない企業が多く、不安になる方もいます。 長期インターンは、会社名で選ぶのではなく、仕事の内容やできる経験、身につくスキルから比較検討していくと良いでしょう。

長期インターンを探してみる

長期インターンが大学生に注目されている理由

長期インターンが注目される理由は3つあります。

  1. 業界・職種・企業を具体的に知れる
  2. 就職先の見極めができる

業界・職種・企業を具体的に知れる

1の経験は、10の知識よりも価値があります

業界の知識は、本やニュースを読んでいても身につきません。実際に事業活動をする中で、顧客ニーズの把握、市場状況、事業の課題が見えてきます。

参加企業の知識はもちろん、取引先企業や、同級生、所属社員から沢山の情報を仕入れることができます。企業説明会や短期インターンでは中々手に入らない価値でしょう。

就職先の見極めができる

就職活動をする中で、企業説明会やOB.OG訪問、短期インターンの参加では、企業の実態(どんな仕事をしているのか、どんな人が働いているのか)は中々見えてきません。

企業説明会ではあんなにキラキラしていたのに、実際入社してみたら全然違った…。OB.OG訪問に選ばれる社員は偏っていた。など、入社後にミスマッチを感じるひとも多いです。

長期インターンは、企業の実態を中から知ることができるため、納得した状態でファーストキャリアを選択できます。そのため、入社後ミスマッチが少なく、伸び伸びと働くかたが多いです。

就職活動時にエピソードとして語れる

長期インターンの経験は、就職活動のエピソードとしても広く活用できます。実務経験の話は、社会人経験の長い人事担当者にも伝わりやすいです

勤務期間が長ければ長いほど『自己PR』や『学生時代力を入れたこと』としても語れます。仕事には実績や成果が付いてくるため、定量的に語れるのもポイントです。

仕事をする中で起きた問題と乗り越え方、実際に働いてわかった自分の強み、弱みは、入社後イメージとしてダイレクトに伝わります。面接対策に使えるのは、就活生にとっても大きな武器になります。

長期インターンを探してみる

長期インターンの参加率はまだまだ低い

長期インターンの参加率

就職白書2020によると、ヶ月以上の長期インターンシップに参加した学生の割合は全体の2.9%でした参加実績を調べても、まだまだ長期インターンの普及率は低いです。

長期インターン募集は、都市圏(東京・大阪・名古屋)に集中しているため、地方学生が参加できる機会がありません。在宅勤務、リモートワークの普及に伴い、全国の大学生が参加できる仕事も増えてきましたが、まだまだ認知度は低い状況です。

しかしながら、就職活動前に実務経験を積むことは、学生にとっても、企業にとっても、社会にとっても素晴らしいことです。居住地周辺で長期インターン募集を見つけたら、検討してみてはいかがでしょうか。

長期インターンを探してみる

長期インターン先の見つけ方

多くの求人から自分の目的にあわせた長期インターンシップ先を効率良く見つけるためには、長期インターンの募集サイトを利用するのがおすすめです。

長期インターン募集サイトを使えば、仕事内容や目的にあわせた求人を探せるだけでなく、勤務条件による絞り込みや、他社求人との比較もスムーズに進みます。

他にも、企業説明会に参加したり、大学の就職課(キャリアセンター)に問い合わせる方法もありますが、少々面倒です…。長期インターン先に先輩や友人がいる場合は、紹介してもらうのもひとつです。

長期インターン募集サイトの中には、無料の相談サポートサービスが用意されていることも多く、目的や条件、イメージを伝えるだけで、おすすめの求人を紹介してくれます。

オンライン面談や電話、メールやLINEチャットを通したサポートも受けられるため、長期インターンシップ探しに少しでも不安がある人は、サポート力の高い募集サイトを使ってみると良いでしょう。

長期インターンを探してみる

長期インターンの参加期間はどのくらい?

長期インターンの就業期間は企業によって異なりますが、一般的に「3ヶ月以上」を目安にする会社が多いです。

目安期間になるため、半年以上働く学生もいれば、1年以上働く学生もいます。アルバイトに期間が決められていないように、長期インターンにも明確な期間はありません。

実際に長期インターンを経験した感想をお話しすると、1年以上参加した方が、仕事をする中での学びは多くなります。実際にできる仕事の幅が増えるのはもちろん、社員さんとのコミュニケーションも上手になり、仕事の上達を感じられるようになります。

長く働けば働くほど、就職活動時の手助けをしてもらったり、早期内定や特別選考に乗る場合もあります。長期インターン先を探すときは『1年間働けるか』という視点で探してみると良いでしょう。

長期インターンを探してみる

長期インターンの参加は勤務時間に注意!

長期インターンの就業時間は企業によって異なりますが、一般的に「週2〜3日以上・1日3〜4時間」が目安になります。

学生なので、テスト期間中や夏合宿など、学業や部活動を優先したシフト調整をしてくれる企業が多いです。 時間帯としては、平日の営業時間内(9:00〜18:00)に調整する必要があります。「月曜日は午前中だけ、木曜日は夕方から」など、勤務時間は自由に決められることが多いです。

なかには土日に働くことが出来るインターンシップもあるので、平日は学業で忙しい方は土日に働ける勤務先を探してみましょう。

長期インターンを辞めたい時はどうするの?

長期インターンは、辞めたいときに辞めれます

退職を決めた時は、退職日の1ヶ月前には上司に相談しましょう。 業界や職種、仕事の理解を進めるためには、複数の長期インターンに参加することも大切です。前向きな退職理由であれば、上司も会社もきっと応援してくれますよ

長期インターンの基礎知識まとめ

今回は、学生におすす目の長期インターンについて、特徴や注目理由、参加概要をまとめました。 要点をまとめると、

  • 長期インターンは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場
  • 給料以上に、業界や職業、働くことの理解を深める目的で参加する
  • 大学1.2年生から自由な勤務時間で参加できる

この記事を読んで、長期インターンに参加してみたいと思ったひとは、長期インターンの募集サイトを、デメリットも知りたいと感じたひとは、長期インターンのデメリットについてもご覧ください。

Renew Magazine では、長期インターンの探し方や、長期インターンのおすすめ職種についてもご紹介しています。その他、長期インターンの不安や悩みがありましたら、公式LINEからもご質問いただけます…!

長期インターンや就職活動に不安があれば、いつでも頼ってくださいね!

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。