【無料】長期インターン相談受付中!

長期インターンは就活に有利になる?就活に与えた好影響を解説!

長期インターンに興味があるけれど「就活が有利になるって本当?」「就活に有利な理由が知りたい」など、就活への活かし方を知りたい方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、長期インターンは就活に有利です。企業での実務経験は、就活のガクチカとしてもアピールできますし、仕事の解像度が高くなるため、志望動機やキャリアビジョンも明確になります。

本記事では、長期インターンが就活に有利になる理由や条件就活への具体的な活かし方をまとめました長期インターンを始めようか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

大手企業・難関企業の内定を狙うなら長期インターンは絶対におすすめ!いまから実務スキルや経験を身につけて、就活を有利に進めましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

東大一橋・早慶・MARCH多数登録
長期インターンサイトRenew(リニュー)


長期インターンサイト Renew

 

Renew(リニュー) は、5,000名以上の学生が利用する長期インターン専門サイトです上場企業のポジションや、商社・外資コンサルに内定者を輩出している企業など、キャリアに繋がる長期インターンを厳選して掲載しています。

 

 

内定率が3倍以上になる無料相談サポートも実施中大手上場企業・メガベンチャー出身のキャリアアドバイザーが、長期インターン探しから内定獲得までのサポートを行なっています。

 

長期インターンの募集はこちら(全国)

長期インターン・有給インターンを探す
営業 企画 マーケティング
エンジニア デザイナー 編集/ライター
人事/広報 事務/アシスタント コンサルタント

長期インターンとは

長期インターンとは

長期インターンは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場です。

社会に出る前の学生が実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めます。時給が発生する有給インターンが多いため、お金を貰いながら仕事経験が積める機会と考えて良いでしょう。

勤務時間は会社と相談できるため、学業やアルバイトと両立することも出来ます。

長期インターンと短期インターンの違い

長期インターン 短期インターン
対象者 大学1年生~大学院生 就活生
期間 1ヶ月以上 半日~1週間
給与 あり なし
内容 実務中心 説明会など

短期インターンとは、1日〜1週間前後で行われる職業体験・就業体験の場です。

1日開催の1dayインターンや、サマーインターン、ウィンターインターンが短期に該当します。就職活動前の学生が対象で、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事理解を深めます。

短期インターンでは報酬を支給していない企業が多く、実際の業務を体験するような機会も少ないです。

業界理解や職種理解を深めるためには有効ですが、仕事に直結するスキルを伸ばすには不向きです。

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターン アルバイト
目的 仕事の理解 お金を稼ぐ
給与 高い 普通
内容 実務中心 マニュアル中心
専門性 身に付く 身につかない
内定 繋がることがある 関係ない

長期インターンは、実際の業務を通じて、業界や仕事の理解、スキル向上を目指す目的で利用します。アルバイト同様に給与が発生するものの、社会人同様の仕事をこなすため責任感も求められます。

アルバイトは、本業や学業の傍らに収入を得るために仕事をします。長期インターンとは目的が異なるため、裁量権の少ないマニュアル通りのお仕事をこなすことが多いです。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

長期インターンは就活が有利になる

結論から言うと、長期インターンは就活に有利です

就活に有利な経験は沢山ありますが、大手企業や難関企業の内定を狙うなら、周りの学生と差別化できる経験値(就活ネタ)が必要です。実際に、商社や外資コンサルなど、難関企業に合格する学生は共通の経験値を持っています。

  • 長期インターン
  • 学生団体の立ち上げ
  • 起業・個人事業立ち上げ
  • ビジネスコンテスト参加
  • 異文化交流・留学
  • 部活動の大会出場
  • 理系学生・大学院生の研究

長期インターンは、実務経験を積めるため、スキルや実績を履歴書やエントリーシートでアピールできますし、仕事の解像度が高まるため、採用担当者とのコミュニケーションも円滑に進みます。

事業企画や法人営業、マーケティング等、具体的な役割や仕事内容をもとに、社内での立ち回り、成果や実績、チームでの働き方をアピール出来るため、書類選考や面接通過の確率も大きくあがります。

長期インターンの経験を、志望動機や自己PRに組み込めば、志望理由に説得力が増しますし、仕事の解像度が高いため、就活後・入社後にやりたいことや将来のキャリアビジョンについても、根拠を持って話すことができます。

就職活動前に長期インターンを始める学生も多いため、「アピールできるポイントがない…」「学生時代の経験を差別化したい」と考えている方は、長期インターンを始めることをおすすめします。

大手企業・難関企業の内定を狙うなら長期インターンは絶対におすすめ!いまから実務スキルや経験を身につけて、就活を有利に進めましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

長期インターンが就活に有利になる5つの理由

続いては、長期インターンが就活に有利と言われる5つの理由を紹介します。

それぞれ解説します。

長期インターンが就活に有利な理由①
社会人基礎力(報連相・ビジネスマナー)が身につく

長期インターンは、社会人基礎力(報連相・ビジネスマナー)が身につきます。

例えば、オフィスワークで必要なパソコン操作(Word・Excel・PowerPoint)、コミュニケーション能力や報連相、ビジネスメールの書き方、送り方など。社会人にとっては当たり前のビジネススキルも、高校や大学、アルバイトでは教えてくれる機会はありません。

他にも、会議議事録の取り方や、日程調整の仕方、飲み会マナーなど、就職活動はもちろん、新卒入社時にも役立つビジネスマナーを学ぶこともできます。

長期インターンが就活に有利な理由②
実務経験・ビジネススキルが身につく

長期インターンを通して、実務経験・ビジネススキルが身につきます

実務経験を通して、具体的な実務スキルを身につけられるのは、長期インターンならではの経験です。

  • 営業職:インサイドセールス、フィールドセールスの動き方、商談の同席、顧客管理など。
  • マーケティング職:市場分析やフレームワークの活用、Web広告やSNS広告の運用など。
  • ライター職:キーワード選定や企画書の作成、ライティング技術など。
  • エンジニア職:プログラミング、チーム開発の動き方、issue管理方法など。
  • デザイナー職:クリエイティブ制作、実務コーディング、issue管理方法など。

長期インターン生の中には、実際に名刺を持って営業に出ていたり、数100万円の予算を使ったWeb広告を運用したり、メディア編集者として数名規模のマネジメントを実践していたりと、社員同様の経験をしている人も多いです。

責任感を求められる反面、仕事の苦しさと楽しさを味わうことができるため、学校やアルバイトでは得られない圧倒的な成長を遂げることができます。

長期インターンが就活に有利な理由③
仕事の解像度が高くなる

長期インターンに参加すると、仕事の解像度が高まります

ネット情報やOB訪問以上に、業界理解・企業理解が深まりますし、事業拡大のために組織がどのように動いているのか、自身の仕事が会社の売上にどう繋がっているのかを俯瞰的に知ることが出来ます。

また社会人との関わりが増えることで、インプット情報の質も大きく変化しますし、社会人が普段どんな考えを持って仕事をしているのかが垣間見えてきます。

客観的に採用担当者の思考や、会社の意図を掴むことが出来るようになるため、コミュニケーションの質も格段に上がるでしょう。

長期インターンが就活に有利な理由④
将来のキャリアビジョンが明確になる

長期インターンを経験すると、将来のキャリアビジョンが明確になります

仕事を通して、自分がどんな仕事に興味があるのか、どんな業界で働きたいのかが見えてきますし、仕事内容と給料、働く環境など、会社に求める優先度もはっきりします。

キャリアビジョンや就職活動の軸が見つかることで、企業選びの基準が明確になりますし、企業規模や業界、理念など、自分の価値観から企業を探せるように変わります。

長期インターンが就活に有利な理由⑤
質の高い情報収集にも繋がる

最後は、質の高い情報収集に繋がることです

長期インターンに参加すると、他大学の繋がりや、社会人との繋がりが急増します。同じ志の仲間に出会えることは、就職活動においても、今後の人生においても大きな財産になります。

特に社会人との繋がりは、大学生活を何気に送っていたらほぼありません。優秀な社員さん、尊敬できる社員さんとコミュニケーションを取るだけでも、視座が高くなりますし、学生時代を有意義に過ごせます。

就職活動においても、質の高い情報収集(各業界の伸びている企業を知れるなど)に繋がるため、積極的に活用していきましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

長期インターンが就活に有利になる3つの条件

続いては、長期インターンが就活に有利になる3つの条件を紹介します。

それぞれ解説します。

長期インターンが就活に有利になる条件①
長期間(3ヶ月以上)勤務している

1つ目は、長期間(3ヶ月以上)勤務していることです

長期インターンは、参加期間が長ければ長いほど、より多くの経験を積むことが出来ます。会社や事業、仕事内容を覚えて成果を出すまでには、最低でも3ヶ月はかかると考えて良いでしょう。

勤務期間が長いほど、任せてもらえる仕事の大きさ、責任の大きさも異なりますし、複数人を巻き込んだプロジェクトに参画できる機会も増えていきます。

大学3年生になると就職活動が本格化していきますので、大学1年生・大学2年生のうちから始めておくと、余裕を持って就活準備に活かすことが出来ますよ。

長期インターンが就活に有利になる条件②
定量的な成果や実績を持っている

2つ目は、定量的な成果や実績を持っていることです

就活成功者の多くは、長期インターンで定量的な成果を出しています。

  • 毎月10件以上の商談受注を行いました
  • テレアポの商談率を120%改善しました
  • 記事制作を月10本以上行いました
  • 記事制作で月間売上を130%改善しました
  • 広告運用で目標コンバージョン数を110%改善しました
  • 広告運用で目標CPAを120%改善しました

仕事の成果や実績を示すことができれば、面接官に対して自分のスキルや貢献度を定量的にアピール出来ます。自身の仕事における目標と達成度合い、業務改善の提案と実行、チームや組織に対する貢献を求めていきましょう。

長期インターンが就活に有利になる条件③
学びや成長を自分の言葉で語れる

最後は、学びや成長を自分の言葉で語れることです

長期インターンは、失敗や壁にぶつかることも多々あります。時には悔しい思いをしたり、目標を達成できない瞬間もあるでしょう。そのなかで、あなたはどのような工夫・改善を行い、壁を乗り越えたのか、学びや成長をアピールすることも大切です。

目標達成のためにどんなことに取り組んだのか、失敗した際にはどのように改善を行ったのか、具体的なエピソードを交えて話すことが出来ると、入社後活躍のイメージが湧きやすくなります。

長期インターンを就活に活かすためにも、定量的な成果や実績を出せることを前提に探してみましょう

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

長期インターンが就活に与えた好影響【体験談】

続いては、長期インターンが就活に与えた好影響について紹介します

それぞれ解説します。

長期インターンが就活に与えた好影響①
就活で評価されるガクチカを作れた

1つ目は、就活で評価されるガクチカ(学生時代に力を入れたこと)を作れたことです

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)は、書類選考(エントリーシート)や面接でも聞かれる鉄板の質問です。長期インターンの経験は、自己PRと絡めても話すことが出来るため、ガクチカとしても最適です。

  • 実際に働いた経験を伝えることができる
  • ビジネススキルや実務スキルが身につきやすい
  • 仕事の失敗も含めて、学んだことを話せる

実際にガクチカを作る際は、参加動機や目的を伝えること、得られた成果を定量的に伝えることを意識しましょう。

長期インターンが就活に与えた好影響②
志望動機・志望理由に深みが増した

2つ目は、志望動機・志望理由に深みが増したことです

志望動機とは、応募先の企業で働きたいと思った理由のこと。企業は志望動機を聞くことで、自社への志望度や、会社や仕事への理解度を知ろうとしています。

長期インターンの経験と絡めて志望動機を伝えることができれば、納得感のある理由として採用担当者にアピールができます。数ある会社の中から、どうしてもこの会社が良い理由を、自身の経験から繋げていきましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

就活に有利な長期インターンの探し方

続いては、就活に有利な長期インターンの見つけ方をご紹介します

それぞれ解説します。

就活に有利な長期インターンの探し方①
長期インターン専門サイトから探す

長期インターンサイト Renew

長期インターンを探すなら、長期インターン専門サイトを使いましょう

上場企業のポジションや、商社・外資コンサルなど、難関企業に内定者を多数輩出している企業も多く募集しています。職種や業界、働き方など、希望条件を絞り込んで探すことが出来るため、目的に合わせた企業が探せます。

求人サイトの選び方は様々ですが、掲載数が多く、事業内容や業務内容、身につくスキルや応募の流れが分かりやすいサイトを選ぶことがおすすめです!

▼おすすめの長期インターンサイト

優良企業厳選!長期インターンサイト【Renew(リニュー)】

就活に有利な長期インターンの探し方②
キャリアアドバイザーに相談して見つける

Renew相談サポート

長期インターンの探し方や選び方に悩んだら、プロに相談する方法もおすすめです

経験豊富なキャリアアドバイザーが、長期インターンの探し方や比較のポイント、キャリアに繋げる方法を丁寧にアドバイスしてくれますし、希望条件に合わせた優良企業のインターンを厳選紹介してくれます。

自分ひとりで探すよりも時間効率が良いのはもちろん、性格や志向性にあわせて企業を紹介してくれるため、はじめての仕事体験を安心して探すことができます。

長期インターン期間中も継続的にサポートしてくれるため、長期インターン探しに不安を感じているひとにおすすめです!

長期インターンの探し方をもっと知りたい方は、こちらの記事(長期インターンの探し方)もおすすめです。

長期インターンと就活の気になる疑問を解決!

最後に、長期インターンと就活のよくある質問にお答えしていきます。

それぞれ解説します。

長期インターンはいつから始めるべきですか?

長期インターンを就活に繋げるなら、大学1年生・大学2年生のうちに始めるのがおすすめです

長期インターンは勤務期間が長ければ長いほど、多くの経験ができますし、2社・3社経験している学生の方が、経験してきた仕事の幅やプロジェクトの大きさも変わってきます。

就活を見据えて、大学3年生から始める人も多いですが、出来る限り前倒しで始めておくと、就活でアピール出来る材料も増えるためおすすめです。

長期インターンから内定に繋がることはありますか?

長期インターンで高い評価を受けた学生は、そのまま内定をもらえる可能性もあります

仕事の活躍によって判断される場合が多く、即戦力になるスキルや入社後のポテンシャルに大きな期待が持てるなど、高い評価を得た場合に起こり得ます。

企業は長期インターンを通じて、学生の人間性や思考力から実質的な選考・評価を行っています。長期インターンも選考のひとつと捉え、好印象を与えることを意識しておくと良いでしょう。

長期インターンは就活以外にも役立ちますか?

長期インターンは、学業にも好影響を与えます

長期インターンを通して、仕事の解像度が上がると、大学の授業や課題でも「仕事に活かす方法」を考える癖づけができます。何気ない知識も、アウトプット先が用意されることで、吸収力が変わるので、長期インターンを学業に、学業を長期インターンに活かすことを考えていきましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

まとめ

本記事では、長期インターンが就活に有利になる理由や就活への活かし方を解説してきました。

要点をまとめます。

  • 長期インターンは就活に有利になる
  • 長期インターンの経験や成果をアピールできる必要がある
  • 学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)や志望動機に活かす方法がおすすめ

長期インターンは就活はもちろん、将来のキャリアを見据えても有意義な経験になりますので、積極的に企業を探してみましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定率3倍以上の徹底サポート

社会人アドバイザーが対応!
長期インターン無料相談サポート


Renew相談サポート

 

長期インターン探しに迷ったらRenew相談サポートがおすすめ経験豊富な社会人アドバイザーが、あなたの長期インターン探しを完全無料でサポートします!

 

  • 長期インターンの始め方が分からない…
  • 自分に合う会社ってどうやって探せばいいの?
  • 書類選考や面接対策のポイントが知りたい…

 

社会人アドバイザーとの個別面談を通して、長期インターンの説明や探し方を丁寧にアドバイス長期インターンに少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください!

 

長期インターンの相談はこちら(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です