マーケティングの長期インターンシップ求人・募集一覧

マーケティングの長期インターンでは、市場調査やプロダクト開発、データ分析やデータ解析、広告運用、SEO、SNS運用などを経験できます。自社サービスのマーケティング業務に関わることもあれば、コンサルティングの立場でクライアントのサービス改善に関わる仕事もあります。マーケティングの長期インターンは未経験から挑戦できる仕事も多いため、時給や給与、勤務条件を見ながら探してみましょう。仮説検証を繰り返し、商品やサービスを成長させる経験をしたい大学生におすすめです。

search

検索結果 80

FAQ

マーケティングの長期インターンの仕事内容

マーケティングの仕事内容は、「商品企画や商品開発、営業企画、販促企画、集客施策、プロモーション戦略の立案」など多岐にわたります。具体的には、顧客データや競合企業の調査を行ったり、調査・分析結果をもとにターゲットとするエリアや戦略・キャンペーン等を検討・実行したりします。最近は、GoogleやYahooのリスティング広告の運用、Twitter、Facebook、Instagram、TikTok、LINEなどのSNS広告の運用、検索エンジン最適化(SEO)、ランディングページの改善(LPO)など、Webマーケティングの仕事内容が増えてきました。

マーケティングの長期インターンに挑戦するメリット

マーケティングの長期インターンでは、広告運用の実務スキルや、SNS運用のスキル、SEOに関する考え方や競合調査の手法、Webサイトの構造化やリンク設計など、専門的なスキルが身に付きます。広告運用では、キーワードの選定からクリック単価の調整、バナー広告のABテストなど、企業の広告費を効率よく使用して、コンバージョン数の最大化、CPAの最小化を狙います。月間数百万円〜数千万円の広告運用を経験できることもあります。またサイトだけでなく、iPhoneアプリやAndroidアプリの改善もマーケティング担当者が行います。エンジニアとデザイナーと協力しながら、課題の発見、仮説出し、検証を短いスパンで繰り返す経験もできます。企業によってはユーザーインタビューを実施するなど、顧客との接点を持てる働き方もあります。

マーケティングの長期インターン関連データ

マーケティングの長期インターンの倍率・内定率

マーケティングの長期インターンの倍率は【28.9倍】です。また全職種の長期インターンの平均倍率は【21.3倍】となっています。内定率を上げるためにも、希望条件にマッチする企業を選び、志望動機や応募理由を明確にしたうえで選考に進みましょう。

長期インターンの倍率・内定率調査

マーケティングの長期インターンの平均時給・給料相場

マーケティングの長期インターンの平均時給は1,209円です。また全職種の長期インターンの平均時給は1,227円になっています。

長期インターンの給料相場・平均時給
※厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」

マーケティングの長期インターンの平均期間・勤務時間

マーケティングの長期インターンの勤務期間は【6ヶ月〜12ヶ月】が最も多く、次いで【4ヶ月〜6ヶ月】【12ヶ月以上】と続きます。平均勤務日数は【週3日】【週2日】【週5日】の順に多くなっており、平均勤務時間は【週15.8時間】となっています。シフト制を採用する企業が多いため、大学の授業やテスト期間、就職活動を考慮しながら参加ができます。

長期インターンの平均期間・平均時間

マーケティングの長期インターン選考情報

マーケティングの長期インターンで重視されるのは、課題設定力と論理的思考力です。解決の手順以上に、問題設定・課題設定が適切であることが大切です。履歴書や面接では、過去のエピソードも絡めながら、課題設定力と論理的思考力をアピールしましょう。問題を解決するために「何を課題として設定したか」がポイントです。またマーケティングと言っても、業界や会社により扱い商材やサービスが大きく異なります。なぜその会社を志望したのか、志望動機で説明できるようにしておきましょう。

長期インターンの志望動機の書き方(例文)

長期インターンの自己PRの書き方(例文)

長期インターンの面接対策・定番質問(回答例)

※本データは「Renew」に登録されている長期インターン情報を元に、独自の集計ロジックにより算出しています。掲載中求人の平均データとは異なる場合があり、その正確性について保証するものではありません。