【無料】長期インターン相談受付中!

長期インターンはいつから始めるべき?開始時期やベストなタイミングを解説!

長期インターン いつから

長期インターンに興味があるけれど、「具体的にいつから始めるのが正解なの?」「就活が始まってからでは遅い?」など、始める時期に悩む方も多いのではないでしょうか。

大学の授業もありますし、部活動やサークル活動、アルバイトや就活の両立を考えると、いつから始めれば良いのか、頭を悩ませてしまいますよね。

本記事では、長期インターンはいつから始めるべきなのか開始時期や応募時期についてまとめました。

大学1年生・大学2年生の早期開始はもちろん、大学3年生からの始め方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

長期インターンを探すならRenew(リニュー) がおすすめですプロのキャリアアドバイザーが、企業の探し方や選び方、面接対策まで徹底サポートします。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

東大一橋・早慶・MARCH多数登録
長期インターンサイトRenew(リニュー)


長期インターンサイト Renew

 

Renew(リニュー) は、4,500名以上の学生が利用する長期インターン専門サイトです上場企業のポジションや、商社・外資コンサルに内定者を輩出している企業など、キャリアに繋がる長期インターンを厳選して掲載しています。

 

 

内定率が3倍以上になる無料相談サポートも実施中大手上場企業・メガベンチャー出身のキャリアアドバイザーが、長期インターン探しから内定獲得までのサポートを行なっています。

 

長期インターンの募集はこちら(全国)

長期インターン・有給インターンを探す
営業 企画 マーケティング
エンジニア デザイナー 編集/ライター
人事/広報 事務/アシスタント コンサルタント

長期インターンとは

長期インターンとは

長期インターンとは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場です。

社会に出る前の学生が実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めることを目的にしています。

短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

時給が発生する有給インターンが多いため、お金を貰いながら仕事経験が積めるのも利点です。大学1.2年生はシフト調整が難しいかもしれませんが、勤務時間は会社と相談できるため、学業やアルバイトと両立することもできます。

長期インターンと短期インターンの違い

長期インターンと短期インターンの違い

短期インターンとは、1日〜1週間前後で行われる職業体験・就業体験の場です。

1日開催の1dayインターンや、サマーインターン、ウィンターインターンが短期に該当します。就職活動前の学生が対象で、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事理解を深めます。

短期インターンでは報酬を支給していない企業が多く、実際の業務を体験するような機会も少ないです。業界理解や職種理解を深めるためには有効ですが、仕事に直結するスキルを伸ばすには不向きです。

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンは、実際の業務を通じて、業界や仕事の理解、スキル向上を目指す目的で利用します。アルバイト同様に給与が発生するものの、社会人同様の仕事をこなすため責任感も求められます。

アルバイトは、本業や学業の傍らに収入を得るために仕事をします。長期インターンとは目的が異なるため、裁量権の少ないマニュアル通りのお仕事をこなすことが多いです。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンはいつから始めるひとが多い?

長期インターンは、年間を通して求人募集があるため、始まる時期や学年は明確に決まっていません

【学生】長期休暇・新学期のタイミングで始めるひとが多い

春休み(2月/3月)や夏休み(8月/9月)の長期休暇を利用して参加する学生もいれば大学の授業や部活動、サークル活動のスキマ時間に参加する方もいます。

参加している学年も、大学1年生・大学2年生・大学3年生・大学4年生と幅広いです。長期インターンは勤務条件も求められるため、新学期(4月/5月)や後期開始のタイミング(10月/11月)から始める方も多いです。

短期インターンの場合は、卒業年度によって対象学年が決まっているケースが多いですが、長期インターンは『学年不問・全学年対象』で募集している企業が多いです。

長期インターンには、共通して始まる時期は存在しないため、目的や目標に合わせて参加時期を決めることがおすすめです。勤務時間はアルバイト同様、シフト制を組めるため、学業や部活動と並行して参加することもできますよ。

【企業】春休みや夏休みにかけて、採用意欲が高まる傾向あり

長期インターンは、年中募集がされていますが、企業の採用意欲が高まるタイミングは『春休み(2〜3月)』や『夏休み(9〜10月)』になります。

新学期の方が、履修登録や学業の状況がわかるため、スケジュールや予定を立て易くはありますが、企業の採用意欲とはタイミングがずれてしまうため、春休みや夏休みから探し始めるのがポイント。

どの企業も募集定員が決まっていますし、人気の企業(大手企業など)から定員が埋まっていきますので、長期インターンを始めたいひとは、早めに企業探しを始めるのがおすすめです!

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンはいつから始めるべき?

長期インターンを始めるなら、大学1年生・大学2年生・大学3年生までに始めるのがおすすめです

大学3年生の冬までに始めることで、就職活動に対する準備もすることが出来ますし、自分に向いている仕事内容や、興味のある業界や企業の理解を深めることにも繋がります。

大学3年生になると、就職活動の両立も必要になりますし、大学4年生になると、大学の卒業前ということもあり、企業の採用難易度がグッとあがってしまうため、大学1年生・大学2年生のうちに始めておくのがベストなタイミング

長期インターンを始めるタイミング①
大学1年生・大学2年生から始めるのがおすすめ!

長期インターンを始める時期は、大学1年生・大学2年生がおすすめです

長期インターンは実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めることを目的にしています。

就活中に参加する短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

就活直前の大学3年生から始めるよりも、学生生活に慣れてきた大学1年生や大学2年生から始める方が、遥かに仕事や業界、職種の理解ができます

就職活動中に

  • 自分のやりたいことが分からない…
  • 学生時代頑張ったことがない…
  • とりあえず合同説明会に参加しておこう…

とならないためにも、早めに参加しておきましょう。

『長期インターン始めた方が良いのかな?』と悩み始めたのは素晴らしいきっかけです。まずはどんな仕事があるのかどんな会社があるのか、興味のままに探してみましょう。

▼大学1.2年生歓迎の長期インターン多数!

優良企業厳選!長期インターンサイト【Renew(リニュー)】

長期インターンを始めるタイミング②
大学3年生からの参加も遅くない

「大学3年生からの長期インターンはもう遅いですか?」と質問をもらうことも多いですが、大学3年生からの長期インターン参加も決して遅くはありません

Renew(リニュー) の登録学生のうち、大学3年生の割合は最も多く、私自身も大学3年生から長期インターンに参加しています。大学3年生から長期インターンを始めても全く問題ありません。

とはいえ、就職活動との両立も必要になってくるので、『大学3年生の冬までに』始めておくと良いでしょう

長期インターンの参加目的は、業界や職種、仕事の理解です。就職活動前の大学3年生 / 大学院1年生は、企業分析や自己分析のためにも、実際に働く経験は必須です。

Google検索やSNS検索、Youtubeで仕入れた情報も、実際に体験してみると、捉え方は人それぞれ。年収の高さ、福利厚生の良さも大事ですが、自分に向いている仕事かどうかは、働いてみて分かることです。

また学生時代頑張ったことを話すなら、少なくとも3ヶ月以上の経験値は必要になってきます(業務内容や定量的な成果を話すうえで必要)。

複数社の短期インターンに参加するのも大切ですが、1か月以上の長期インターンにも参加してみましょう。

長期インターンを始めるタイミング③
大学4年生からの参加でも間に合う

就職活動を終えた後、大学4年生のタイミングで長期インターンを始めるのもおすすめです

内定先が決まり、入社までの1年間をどう過ごすべきか悩む方も多いと思います。入社前のスキルアップとして、勉強をするのも良いですが、長期インターンを始めることで、仕事に直結する実務経験を身に付けることもできます。

入社先が決まっているからこそ、目的意識が明確に作れますし、仕事に集中する時間的余裕も生まれるため、大学4年生から長期インターンを始める方も実際に多いです。

とはいえ、時期的な要因で選考に受からないケースもあるため、大学4年生から始めるときは、最低半年間は勤務できるよう、大学4年生の夏までに応募するようにしましょう。

長期インターンを始めるタイミング④
海外留学生・休学中・既卒生にもおすすめ

長期インターンは、海外留学生や休学中の学生にもおすすめです

休学期間中に長期インターンに参加することで、時間をかけて仕事理解を深めることが出来ますし、就職活動までの準備も十分に整えることが出来ます。また、海外の大学に通いながらリモートで長期インターンに参加する学生もいます。

組織で働く経験は、アルバイトとは違ったスキルが得られますし、長期インターン経由で内定をもらい、就職や転職につながるケースも出ています。

参加資格は企業や求人によっても異なりますが、多くの場合は『既卒OK / 留学生歓迎 / 社会人歓迎』の表記がされていますので、条件を確認しながら、長期インターンに応募してみましょう!

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンを始める前に知っておきたいこと

続いては、長期インターン開始前に知っておきたい3つのことをご紹介します。

学業や部活サークルとうまく両立していきましょう。

3ヶ月以上の中長期で働くことが多い

長期インターンの就業期間は企業によって異なりますが、一般的に「3ヶ月以上」を目安にする会社が多いです。もちろん目安期間になるため、半年以上働く学生もいれば、1年以上働く学生もいます。

アルバイトに期間が決められていないように、長期インターンにも明確な期間は決められていないケースが多いです。仕事内容も社歴や経験により変化するので、常に学び続けられるのも長期インターンに参加するメリットでしょう。

週2〜3日の空き時間に勤務できる

長期インターンの就業時間は企業によって異なりますが、一般的に「週2〜3日以上・1日3〜4時間」が目安になります。学生なので、テスト期間中や夏合宿など、学業や部活動を優先したシフト調整をしてくれる企業が多いです。

時間帯としては、平日の営業時間内(9:00〜18:00)に調整する必要があります。「月曜日は午前中だけ、木曜日は夕方から」など、勤務時間は自由に決められることが多いです。

なかには土日に働くことが出来るインターンシップもあるので、平日は学業で忙しい方は土日に働ける勤務先を探してみましょう。

給料がもらえる有給インターンが多い

長期インターンシップの給料は、アルバイト同様「時給」による報酬体系が多いです。時給額は企業や職種、勤務地により異なりますが、時給1,000円前後が多いです。

企業によっては、日給や月給、成果報酬を用意していたり、交通費や昼食代の支給、書籍代補助のような福利厚生が使えることもあります。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンを始める前に準備すること

最後に「長期インターンを始めてみたい」と思った方に向けて、具体的な始め方や探し方をご紹介して終わります。

それぞれ解説します。

長期インターンに参加する目的を考える

長期インターンを始めるときは、目的や目標を考えましょう目的を持たない長期インターンの参加は意味がありません。

  • 業界や職種の理解をする
  • 仕事に必要なスキルを身につける
  • 社会人の繋がりを増やす
  • 関わる仕事で誰よりも成果を出す

目的意識を持つことで、長期インターンの意味が大きく変わります。社会経験を通じて、どんな未来を手に入れたいのか。じっくりと考えてみましょう。

業界や職種、仕事内容を考える

長期インターンの参加目的を整理したら、興味のある業界や職種、仕事内容から考えます。この際「今できること」は一旦考えず「どんなスキルを手に入れたいか」で選ぶことをおすすめします

言葉を選ばずに伝えると、企業は学生に大きな期待をしていません。面談や面接では学歴やこれまでの経験を質問しますが「今できること」よりも「将来できるようになるだろう」ポテンシャルを見て採用してくれます。

業界知識に不安があったり、パソコン操作に不安があるのは皆一緒。基礎的なスキルは教育担当の方から教えていただけるため、自分の興味ややりたいことを重視して探してみましょう。仕事探しは心が躍るかどうかが基準ですよ。

長期インターンの募集企業を探す

募集求人を探すときは、長期インターンシップ専用求人サイトから探すことがおすすめです。長期インターンに必要な情報はもちろん、時給や勤務体系、職場の雰囲気など、働く前に知っておきたい情報が盛り沢山です。

企業ホームページやSNSを使って長期インターン募集を探すこともできますが、具体的な仕事内容や待遇が分かりにくい為、はじめて長期インターンを探す方には難易度が高くなります。

部活やサークルの同期、先輩に長期インターン参加者がいれば紹介経由で働くこともできます。特に先輩が働いている場合は、卒業と同時に代わりのインターンを探していることも多いです。具体的な業務内容や職場の雰囲気も聞ける他、職場の同僚や上司との関係も築きやすいですよ。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンの開始時期に関するよくある質問

最後に、長期インターンの開始時期に関するよくある質問に答えていきます。

それぞれ解説します。

①就活に間に合うためには、いつまでに長期インターンを始めるべきですか?

長期インターンの経験を、就職活動に活かすためには最低3ヶ月〜半年間は勤務が必要です

就職活動が本格化する時期から逆算して、大学3年生の秋頃(10月〜12月)頃までには始めておきましょう。開始時期が早ければ早いほど、社会人としてのビジネスマナーや専門スキルが身につきます。

難関企業のサマーインターン等に参加したい方は、大学1年生・大学2年生から長期インターンを始めておくことをおすすめします。もちろん大学3年生から始めても遅くないですよ。

②春休みや夏休み期間だけ、長期インターンに参加することはできますか?

長期インターンは、継続的に勤務する必要があるため春休みや夏休み期間だけ働くことは難しいです

一部の企業では、特定期間の勤務を認めているケースもありますが、企業数が限られてしまうため、長期インターンを始める際は、長期間継続する目的で探し始めましょう。

③大学3年生の秋頃から長期インターンを始めるのは遅いですか?

大学3年生の秋から長期インターンを始めるのは遅くありません

実際に私自身も、大学3年生の冬頃(1月)から長期インターンを始めましたし、大学3年生の秋冬から始める方も少なくありません。大学4年生になると途端に長期インターンの採用難易度が上がってしまうため、大学3年生の秋冬が最後のチャンスとも言えます。

長期インターンはシフト制で勤務できるので、就活期間やテスト期間は勤務時間を減らす調整も可能です。就活と両立できるので、少しでも興味がある方は、早めに長期インターン先を探していきましょう。

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

長期インターンはいつから始めるのが正解か

今回は「長期インターンはいつから始めるべきなの?」と言うお悩みに対して、募集時期や期間、おすすめの探し方をご紹介しました。

『長期インターン始めた方が良いのかな?』と悩み始めたのは素晴らしいきっかけです。まずはどんな仕事があるのかどんな会社があるのか、興味のままに探してみましょう。

要点をまとめます。

  • 長期インターンには、募集時期や募集期間が決まっていない。
  • 大学1年生・大学2年生からの参加がおすすめ
  • 大学3年生・大学4年生の参加も遅くない
  • 長期インターンは3ヶ月以上の中長期で働くことが多い
  • 募集企業は、長期インターンシップ専用求人サイトから探す

この記事を読んで、長期インターンに参加してみたいと思ったひとは、長期インターンの募集サイトを、デメリットも知りたいと感じたひとは、長期インターンのデメリットについてもご覧ください。

Renew Magazine では、長期インターンの探し方や、長期インターンのおすすめ職種についてもご紹介しています。その他、長期インターンの不安や悩みがありましたら、公式LINEからもご質問いただけます…!

長期インターンや就職活動に不安があれば、いつでも頼ってくださいね!

\ 東大一橋・早慶・MARCH多数登録 /

長期インターンの募集はこちら(全国)

内定獲得まで完全無料でサポート

社会人アドバイザーが対応!
長期インターン無料相談サポート


Renew相談サポート

 

長期インターン探しに迷ったらRenew相談サポートがおすすめ経験豊富な社会人アドバイザーが、あなたの長期インターン探しを完全無料でサポートします!

 

  • 長期インターンの始め方が分からない…
  • 自分に合う会社ってどうやって探せばいいの?
  • 書類選考や面接対策のポイントが知りたい…

 

社会人アドバイザーとの個別面談を通して、長期インターンの説明や探し方を丁寧にアドバイス長期インターンに少しでも興味がある方は、お気軽にご相談ください!

 

長期インターンの相談はこちら(無料)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です