【全学年対象】長期インターンシップ募集中!

【2022最新】長期インターンはいつから?開始時期と実施期間を解説

長期インターン いつから

大学生活に慣れてきたり、就職活動が近づいてくると、「長期インターンに参加した方が良いのかな…」と頭を悩ませる方も少なくないでしょう。

「そもそも長期インターンはいつから始めれば良いの?」
「大学何年生から始めるべきものなの?」
「募集時期や募集期間が知りたい」

今回はこのような疑問について、長期インターンの開始時期や探し方をご紹介していきます。この記事を読めば、長期インターンを始める時期がグッとイメージできますよ。

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

長期インターンとは

長期インターンとは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験の場です。

社会に出る前の学生が実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めることを目的にしています。

短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

時給が発生する有給インターンが多いため、お金を貰いながら仕事経験が積めるのも利点です。大学1.2年生はシフト調整が難しいかもしれませんが、勤務時間は会社と相談できるため、学業やアルバイトと両立することもできます。

長期インターンと短期インターンの違い

短期インターンとは、1日〜1週間前後で行われる職業体験・就業体験の場です。

1日開催の1dayインターンや、サマーインターン、ウィンターインターンが短期に該当します。就職活動前の学生が対象で、会社説明会や社員交流会、グループワークを通じて仕事理解を深めます。

短期インターンでは報酬を支給していない企業が多く、実際の業務を体験するような機会も少ないです。業界理解や職種理解を深めるためには有効ですが、仕事に直結するスキルを伸ばすには不向きです。

長期インターンとアルバイトの違い

長期インターンは、実際の業務を通じて、業界や仕事の理解、スキル向上を目指す目的で利用します。アルバイト同様に給与が発生するものの、社会人同様の仕事をこなすため責任感も求められます。

アルバイトは、本業や学業の傍らに収入を得るために仕事をします。長期インターンとは目的が異なるため、裁量権の少ないマニュアル通りのお仕事をこなすことが多いです。

【関連記事】長期インターンとは?大学生が注目する理由を解説

長期インターンを探してみる

長期インターンはいつから始まる?

長期インターンには、募集時期や募集期間が決まっていません。学生向けの長期インターンは1年中募集をしている企業が多いです。

選考型の短期インターンシップの場合は、夏や冬に募集が開始されるケースが多いですが、就業型の長期インターンは通年募集されています。

勤務時間もアルバイト同様、シフト制を組めるため、学業や部活に忙しい学生にもおすすめです。

長期インターンはいつから始めるべき?

長期インターンはいつから始めるべきなのでしょうか。大学3年生から始めた私の経験も踏まえてお話しします。

大学1年生・大学2年生からがおすすめ!

結論から言うと、就職活動で失敗しないためにも、大学1年生/大学2年生のうちから、長期インターンに参加しておくことをおすすめします。

と言うのも、長期インターンは実際の業務を通じて、業界や職業、働くことの理解を深めることを目的にしています。

就活中に参加する短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

就活直前の大学3年生から始めるよりも、学生生活に慣れてきた大学1年生や大学2年生から始める方が、遥かに仕事や業界、職種の理解ができます

就職活動中に

  • 自分のやりたいことが分からない…
  • 学生時代頑張ったことがない…
  • とりあえず合同説明会に参加しておこう…

とならないためにも、早めに参加しておきましょう。

『長期インターン始めた方が良いのかな?』と悩み始めたのは素晴らしいきっかけです。まずはどんな仕事があるのかどんな会社があるのか、興味のままに探してみましょう。

【関連記事】長期インターンは大学2年生からは早すぎる?

大学3年生・大学4年生からでも遅くない

「大学3年生からの長期インターンはもう遅いですか?」と質問をもらうことも多いですが、大学3年生、大学4年生からの長期インターン参加も決して遅くはありません

実際に私自身も大学3年生から長期インターンに参加していますし、3年生から始める人は多いです。

長期インターンの参加目的は、業界や職種、仕事の理解です。就職活動前の大学3年生 / 大学院1年生は、企業分析や自己分析のためにも、実際に働く経験は必須です。

Google検索やSNS検索、Youtubeで仕入れた情報も、実際に体験してみると、捉え方は人それぞれ。年収の高さ、福利厚生の良さも大事ですが、自分に向いている仕事かどうかは、働いてみて分かることです。

また学生時代頑張ったことを話すなら、少なくとも3ヶ月以上の経験値は必要になってきます(業務内容や定量的な成果を話すうえで必要)。

複数社の短期インターンに参加するのも大切ですが、1か月以上の長期インターンにも参加してみましょう。

【関連記事】長期インターンは3年秋から遅い?就活と両立する方法を解説

既卒・留学生・休学中も参加できる

長期インターンは、既卒生、海外留学生、社会人にもおすすめです。

会社の一員として働く経験は、アルバイトとは違ったスキルが得られますし、そのまま内定をもらい、就職/転職に繋がるケースもあります。

参加資格は企業や求人によっても異なりますが、多くの場合は『既卒OK / 留学生歓迎 / 社会人歓迎』の表記がされています。

【関連記事】長期インターンの探し方おすすめ7選|選び方・決め方のポイントを解説!

長期インターンを探してみる

長期インターンの期間はどのくらい?

オフィスカジュアル 男性

長期インターンは、前述の通りいつからでも開始できますが、どのくらいの期間続くのか気になる方も多いですよね。

一般的に長期インターンは3ヶ月以上の中長期で募集している企業が多いです。社員同様の業務を体験できるため、期間が長ければ長いほど、さまざまな種類の仕事を経験できます。

決められた期間の勤務で終了のインターンもあれば、アルバイト同様、辞めるまで続けられる無期限のインターンもあります。給料がもらえる有給インターンが一般的ですので、アルバイト感覚で続けることをおすすめします。

長期インターンを始める前に知っておきたいこと

続いては、長期インターン開始前に知っておきたい3つのことをご紹介します。学業や部活サークルとうまく両立していきましょう。

  • 3か月以上の中長期で働くことが多い
  • 週2〜3日の空き時間に勤務できる
  • 給料がもらえる有給インターンが多い

3ヶ月以上の中長期で働くことが多い

長期インターンの就業期間は企業によって異なりますが、一般的に「3ヶ月以上」を目安にする会社が多いです。もちろん目安期間になるため、半年以上働く学生もいれば、1年以上働く学生もいます。

アルバイトに期間が決められていないように、長期インターンにも明確な期間は決められていないケースが多いです。仕事内容も社歴や経験により変化するので、常に学び続けられるのも長期インターンに参加するメリットでしょう。

週2〜3日の空き時間に勤務できる

長期インターンの就業時間は企業によって異なりますが、一般的に「週2〜3日以上・1日3〜4時間」が目安になります。学生なので、テスト期間中や夏合宿など、学業や部活動を優先したシフト調整をしてくれる企業が多いです。

時間帯としては、平日の営業時間内(9:00〜18:00)に調整する必要があります。「月曜日は午前中だけ、木曜日は夕方から」など、勤務時間は自由に決められることが多いです。

なかには土日に働くことが出来るインターンシップもあるので、平日は学業で忙しい方は土日に働ける勤務先を探してみましょう。

給料がもらえる有給インターンが多い

長期インターンシップの給料は、アルバイト同様「時給」による報酬体系が多いです。時給額は企業や職種、勤務地により異なりますが、時給1,000円前後が多いです。

企業によっては、日給や月給、成果報酬を用意していたり、交通費や昼食代の支給、書籍代補助のような福利厚生が使えることもあります。

【関連記事】有給インターンとは?

長期インターンを探してみる

長期インターンを始める前に準備すること

最後に「長期インターンを始めてみたい」と思った方に向けて、具体的な始め方や探し方をご紹介して終わります。

長期インターンに参加する目的を考える

長期インターンを始めるときは、目的や目標を考えましょう目的を持たない長期インターンの参加は意味がありません。

  • 業界や職種の理解をする
  • 仕事に必要なスキルを身につける
  • 社会人の繋がりを増やす
  • 関わる仕事で誰よりも成果を出す

目的意識を持つことで、長期インターンの意味が大きく変わります。社会経験を通じて、どんな未来を手に入れたいのか。じっくりと考えてみましょう。

業界や職種、仕事内容を考える

長期インターンの参加目的を整理したら、興味のある業界や職種、仕事内容から考えます。この際「今できること」は一旦考えず「どんなスキルを手に入れたいか」で選ぶことをおすすめします

言葉を選ばずに伝えると、企業は学生に大きな期待をしていません。面談や面接では学歴やこれまでの経験を質問しますが「今できること」よりも「将来できるようになるだろう」ポテンシャルを見て採用してくれます。

業界知識に不安があったり、パソコン操作に不安があるのは皆一緒。基礎的なスキルは教育担当の方から教えていただけるため、自分の興味ややりたいことを重視して探してみましょう。仕事探しは心が躍るかどうかが基準ですよ。

長期インターンの募集企業を探す

募集求人を探すときは、長期インターンシップ専用求人サイトから探すことがおすすめです。長期インターンに必要な情報はもちろん、時給や勤務体系、職場の雰囲気など、働く前に知っておきたい情報が盛り沢山です。

企業ホームページやSNSを使って長期インターン募集を探すこともできますが、具体的な仕事内容や待遇が分かりにくい為、はじめて長期インターンを探す方には難易度が高くなります。

部活やサークルの同期、先輩に長期インターン参加者がいれば紹介経由で働くこともできます。特に先輩が働いている場合は、卒業と同時に代わりのインターンを探していることも多いです。具体的な業務内容や職場の雰囲気も聞ける他、職場の同僚や上司との関係も築きやすいですよ。

長期インターンを探してみる

結局、長期インターンはいつから始めるのが正解か

今回は「長期インターンはいつから始めるべきなの?」と言うお悩みに対して、募集時期や期間、おすすめの探し方をご紹介しました。

『長期インターン始めた方が良いのかな?』と悩み始めたのは素晴らしいきっかけです。まずはどんな仕事があるのかどんな会社があるのか、興味のままに探してみましょう。

要点をまとめます。

  • 長期インターンには、募集時期や募集期間が決まっていない。
  • 大学1年生・大学2年生からの参加がおすすめ
  • 大学3年生・大学4年生の参加も遅くない
  • 長期インターンは3ヶ月以上の中長期で働くことが多い
  • 募集企業は、長期インターンシップ専用求人サイトから探す

この記事を読んで、長期インターンに参加してみたいと思ったひとは、長期インターンの募集サイトを、デメリットも知りたいと感じたひとは、長期インターンのデメリットについてもご覧ください。

Renew Magazine では、長期インターンの探し方や、長期インターンのおすすめ職種についてもご紹介しています。その他、長期インターンの不安や悩みがありましたら、公式LINEからもご質問いただけます…!

長期インターンや就職活動に不安があれば、いつでも頼ってくださいね!

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。