【学生限定】長期インターンに挑戦しよう!

24卒は何年生?就活はいつから?24卒の就活準備を徹底解説!

24卒 何年生

就職活動を意識するようになると、時折聞くようになる「24卒」というキーワード。「24卒って何年生を指してるの?」と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

本記事では、24卒は何年生を指すのか、また24卒の就活生は「就職活動をいつから、どのように始めるのか」など、24卒の就職活動のスケジュールとやるべきことを解説します。

就職活動の準備は、早ければ早いほど有利です。この記事を参考に、24卒の就職活動を有利に動かしていきましょう

【完全無料】

絶対登録しておきたい!おすすめ就活神サイト!

 

【1位】オファーボックス(OfferBox)

全就活生におすすめしたい!逆求人型の就活サイト

大手企業の登録数が凄い!早めの登録が本当におすすめ!

 

【2位】キミスカ

優良企業から驚きのスカウトが届く

オファーボックスと併用すれば効率アップ

 

【3位】キャリアチケットスカウト

個人的に使いやすさNo.1 自己分析&企業探しが全て完結

意外と知られていない今がチャンス!

 

【4位】リク

理系学生&理系院生に特化した就活サイト

理系学生特有の就活の進め方がわかる

 

【5位】エンジニア就活

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング研修が無料で受けられる

 


【内定直結!】

就活相談&サポートを受けるならココ!

 

【1位】キャリアチケット(新卒就活エージェント)

内定直結の就活サポートが最高クラス!

最速内定を狙うならココがおすすめ

 

【2位】キャリアパーク就職エージェント

最短3日内定!上場企業運営の安心サービス

就活に不安があれば併用先としておすすめ!

 

【3位】レバテックルーキー

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング未経験でも就活成功します

就活サイト・就活エージェントを探す
就活サイト 理系向け就活サイト エンジニア就活サイト
逆求人サイト 就活エージェント 就活口コミサイト
自己分析ツール 長期インターンサイト 既卒向け就活サイト

24卒は大学何年生?

就職活動を始めると「〇卒」というワードをよく見かけるようになります。この「〇卒」とは何を指しているのでしょうか。

結論から言うと、24卒とは、(2022年4月時点で)大学3年生と大学1年生(修士1年生)になる世代の人たちを指します。

「〇卒」とは、「20〇〇年に大学を卒業して、就職をする世代」を指しているため、「24卒」は「2024年3月に大学を卒業し、2024年4月から就職」をすることになる現在の大学3年生と大学院1年生ということになります。また(2022年4月時点で)大学2年生の人たちを25卒、大学1年生の人たちを26卒と呼びます。

24卒の就活準備はいつから始めれば良いの?

それでは実際に、24卒の就活生はいつから就職活動を始める必要があるのでしょうか。ここから詳しく解説します。

結論から言うと、最低でも大学3年生(修士1年)の6月から開始しましょうまずは情報収集から始めることをおすすめします。

就活の情報収集とは、

  • 自己分析をする
  • 興味のある企業や職業を調べてみる
  • SPI対策(WEBテスト対策)を始める
  • 自己PRや学生時代力を入れたこと(ガクチカ)を考える

などです。

大学3年生の夏からはインターンシップも始まります。インターンシップへの参加を予定している人は、参加したい企業を探すことも必要です。

就活の準備は早ければ早いほど有利になる。

ちなみに最低でも6月と伝えましたが、始めるのは早ければ早いほど良いです

一般的に本格的に就職活動が始まるのは、3年(修士1年)の3月1日からです。しかし、近年では少子高齢化による採用難易度の向上により、企業側の採用活動のスケジュールが早期化しています。

なかには、内々定(*)を3年生の段階で出す企業も増えてきているため、一般的なスケジュールよりも早く動くことに越したことは無いのです。

(*)内々定とは、「〇月に正式な内定を出す」という仮の内定のことです。ちなみに内定とは、企業からの採用を決定通知を受け、学生が企業に「入社承諾書」を提出することによって相互に意思確認をし、労働契約が成立した状態のことです。(簡単に言うと、採用が決定した状態です。)

24卒の就活準備スケジュール

一般的な就活のスケジュールは上記の通りです。

24卒の就活準備①
情報収集(3年の4月~6月)

3年生(修士1年生)になったら、徐々に情報収集を始めましょう

まずは、自分自身を知るための自己分析を行い、将来自分がどのような企業に勤めたいのか、どのような仕事に就きたいのかを考えましょう。

24卒の就活準備②
インターンシップへの参加(7月~2月)

次に、7月頃から興味のある企業や仕事の理解をより深めるため、積極的にインターンシップへ参加することをおすすめします。

インターンシップは、サマーインターン・オータムインターン・ウィンターインターンと7月~2月頃まで随時実施されています。特に夏休み期間のサマーインターン(8,9月)は多くの企業で実施されているため、選択肢が多くあります。夏休みを有効活用してインターンシップに励むのも良いですね!

24卒の就活準備③
採用情報の公開・エントリー開始(3月1日~)

3月1日には、各企業の採用情報(採用人数やエントリーフロー、選考フローなど)が一斉に公開されます。

合同説明会を始めとする各種就活イベントへの参加や実際に選考に受けたい企業への応募を行います。また、書類選考もあるため、それまでにエントリーシートの作成などが必要です。

24卒の就活準備④
本選考開始(6月~)

6月になると本格的に選考が始まります。

選考を受ける企業の理解はもちろん、面接の対策をしっかりと行ってから臨みましょう。

24卒の就活事情と就活ルール

ここまでに”一般的な”就活のスケジュールと説明しました。敢えて”一般的な”と説明をしましたが、実は企業によってスケジュールが大きく異なるのです。

そこで重要になっているのが「就活のルール」です。就活には、実は政府で定められたルールがあるのです。

主なルールの内容は下記の3点です。

  • 採用に関する情報公開(広報活動)は3月以降から実施可能
  • 採用の選考活動(面接など)は6月以降から実施可能
  • 内定(採用を決定すること)は10月以降に出すことができる

ちなみに、ルールが定められている理由は、「就職活動をすることで本業である学業が疎かになってしまうことを防ぐため」です。

ただ、このルールには罰則が無いため、守っていない企業が多いのが実態です。そのため、”一般的な”就活のスケジュールよりも早く選考が進んだり、正式な内定出しの前に内々定(事前に内定を出すことを約束すること)を出す企業が多いのです。

特に、外資系企業やベンチャー企業、業界ではマスコミ(TV局など)業界やIT業界、人材業界などは選考や内々定出しが早い傾向にあります。そのため、それらの企業や業界を志望する学生は”一般的な”就活のスケジュールよりも約3ヵ月~半年ほど前倒しで動くことをオススメします。

24卒の就活準備に必要なこと

ここからは実際に就職活動に向けて準備をすべきことをご紹介します。

自己分析

まず1つ目は、「自己分析」です。

自己分析」とは、これまでの自分の経験や考え方を振り返ることで、自分自身の特徴や強み・弱みなど整理することです。

自己分析の目的は主に2つあります。

①選考でアピールする「自分の武器」を整理するため

面接や書類選考(エントリーシート)において、自分自身がこれまでどのような経験をしてきて、その経験から身に付いた自分自身の能力や価値観をアピールする必要があります。

企業側は、それらの情報をもとに一緒に働きたい人なのか、入社後に活躍できる人材なのかを判断することになります。そのため、「自分の武器」とは何なのかを言葉で説明できるように過去の経験や自分自身の性格を知ることが重要なのです。

②企業や仕事選びの判断基準を明確にするため

日本には、数百万社の企業が存在します。もちろんすべての会社を調べるのは現実的ではありませんが、そのうち少なくとも数十社の企業を選択肢として就職活動をする人が多いでしょう。

最終的に入社を決めるのはそのうちのたった1社です。その1社を決めるにはあなた自身の判断基準が必要になりますよね。その判断基準を決めるために必要なことが「自己分析」です。

あなたにとって仕事とは人生においてどういった位置づけなのか、どのような事業や業務内容であれば意欲をもって働くことができるのか、どのような環境(報酬制度や働く人、労働時間など)があれば仕事が充実するのか、などと言った働く上で求めることを過去の自分を振り返って見つけてみると良いでしょう。

就職後、あなたは残りの人生の約1/3程度の時間を仕事に費やすことになるのです。入社後に不満を抱いたり、後悔をしないためにもまずは自分自身を知る「自己分析」が必要なのです。

企業・業界研究

2つ目は、「企業・業界研究」です。

「企業・業界研究」とは、文字通り興味のある企業や業界について調べる(研究をする)ことです。企業研究をすることで、入社後に想像と違ったというミスマッチを防ぐことはもちろん、面接などの選考活動で必ず聞かれる「志望動機」を明確にすることができます。

手順としては、まず企業よりも先に業界を知ることを優先すると良いでしょう。そこからその業界内の企業を調べて徐々に志望する企業を絞っていくことをおすすめします。

また、情報は企業のHPやインターネットによる検索、新卒の採用サイト、「四季報」や「業界地図」などの本で調べると良いでしょう。

筆記試験・webテストの対策

3つ目は、「筆記試験やwebテストの対策」です。

筆記試験やwebテストとは書類選考と同時に実施されるケースがほとんどです。内容は、企業によって様々ですが、性格適正を測るようなテストや国語や数学のような一般教養レベルの知識があれば解けるレベルの問題が多いです。

特に、エントリー数が多い大手企業や有名企業では、全員と面接することが難しいため、筆記試験やwebテストを用いて選考する傾向があります。どれだけ魅力的な人柄であっても面接前のテストで不合格になってしまっては意味が無いので、しっかりと対策をしましょう。

参考書も多く出回っていたり、模擬試験なども受けることができるため、不安な人は特に対策をすることをおすすめします。

エントリーシート・履歴書の作成

4つ目は、「エントリーシート・履歴書の作成をする」ことです。

エントリーシートや履歴書は、どの企業へエントリー・応募するためにも必ず必要な書類です。

また、大手有名企業では、数千~数万人の学生から応募が来るため、誰でも書けるような内容では目に留まらず書類選考で不採用となってしまう可能性が高くなります

そのため、エントリーが始まる3月から用意するのではなく、事前にどのような内容を書くかなどを準備しておくと良いでしょう。

エントリーシートや履歴書を書く際は、下記のようなポイントを抑えると良いでしょう。

  • 端的で分かりやすい文章であること
  • 他の学生を差別化を図ることができる、具体的なエピソードが盛り込まれていること
  • アピールしたいこと(強みや経験、志望動機など)を論理的に分かりやすく書くこと

エントリーシートは、実際に就活を終えた先輩や大学のキャリアセンターにアドバイスをもらったり、添削してくれるサービスなどもありますので、第三者の意見ももらいながら書くことをおすすめします。

OB・OG訪問

5つ目は、「OB・OG訪問」をすることです。

「OB・OG訪問」とは、志望している企業や業界で実際に働いている社会人に会って、話を聞くことです。

どれだけ企業のHPやインターネットの情報、説明会を活用して企業・業界分析をしても得られないよりリアルな情報を聞くことができるのが「OB・OG訪問」の最大の魅力です。

特に社内の環境(人間環境や雰囲気)や実際の仕事内容(毎日のスケジュール)などの情報は、なかなかインターネットで調べてもイメージが湧かないことが多いため、実際に働いている社会人に聞くことが最も効果的です。

入社前と入社後のキャップを無くすためにも、「OB・OG訪問」をすることをオススメします。

とはいえ、どのように会えばよいか分からない人も多いでしょう。一番簡単な方法は、大学の先輩(ゼミや研究室の先輩)に声をかけて見たり、大学の教授から卒業生を紹介してもらうことです。

インターンシップへの参加

最後は、「インターンシップに参加をする」ことです。インターンシップとは、企業で実際に働く職業体験のことです。

インターンシップには大きく分けて短期(1日~1ヵ月以内)と長期(1ヵ月以上)の2種類があります。短期のインターンシップでは、インターンシップ専用のプログラムが組まれていることがほとんどです。一方、長期インターンシップは、実際に働く社員と同じ業務を体験できます。

より多くの企業を知りたい人は、短期インターンシップ、より仕事理解を深めたい人には長期インターンシップをオススメします。また、長期インターンシップに参加したい人は、夏休みなどの長期連休を活用するのも良いでしょう。

短期インターンシップと長期インターンシップの比較表

期間 給料 業務内容
短期インターンシップ 1日~1ヵ月程度 無給 インターン用に用意されたワーク
長期インターンシップ 1ヵ月以上
※3ヵ月以上と定義されることもある
有給 社員と同じ通常業務

24卒の就活準備に!最低限登録したい就活サイト

就活準備を始める24卒向けに、おすすめの就活サイトをご紹介します!

  1. OfferBox(オファーボックス)
  2. キミスカ
  3. リクナビ
  4. マイナビ

OfferBox(オファーボックス)

OfferBox(オファーボックス)

『OfferBox』は、新卒就活で最も利用されているオファー型就活サイト*です。大手企業からベンチャー企業まで、登録企業10,433社から興味を持った学生に対してオファーが送られる”逆求人”のシステムを採用。プロフィールを80%以上入力すれば、オファー受信率は驚異の93.6%と、優良企業からオファーがもらえます。

興味のある業界や職種、やりたい仕事が見つかっていない時期は、幅広い選択肢の中から企業を探すのも就職活動では大事な手段。OfferBoxなら、さまざまな業界から声がかかるので、キャリアの選択肢を広げる意味でも、登録しておいて損はないサービスです。

OfferBoxに登録してみる

キミスカ

キミスカ

『キミスカ』も、『OfferBox』と同様に企業からスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。利用者数は1,820社と多く、大手企業や外資企業、ベンチャー企業が登録をしています。登録学生数も累計18万人以上、就活生の多くがキミスカを登録してスカウトを待っています。

自己PRや学生時代頑張ったことなど、プロフィールを登録するだけで様々な企業からスカウトが届きます。エントリーシートや履歴書には書ききれないあなたの経験や希望を登録して、効率よく就職活動が進められるのが特徴です。

スカウト型サイトは、登録しておくだけで企業から連絡があるため、OfferBoxと併せて登録しておくことをおすすめします。

キミスカに登録してみる

リクナビ

リクナビ

『リクナビ』は、株式会社リクルートが運営する全国の企業情報、説明会情報を掲載している就活情報サイトです。学生の登録数は70万人以上、企業の掲載数も10,000件を超えています。各業界の大企業や中小企業の情報を見ながら、説明会の予約や、選考エントリーが可能です。リクナビは、求人情報提供ガイドライン適合メディアであることを宣言しており、ガイドラインに沿った適切な求人を管理、掲載しています。

リクナビは、求人数が多いだけでも魅力ではありますが、最大の魅力はOpenES』です。OpenESとは、1枚の履歴書(エントリーシート)に登録をするだけで、リクナビ掲載の4,000社以上に提出&応募ができる優れた機能です。応募企業ごとに履歴書を用意したり、エントリーシートを書き直す必要がないため、かなりの時間を節約できます。

リクナビに登録してみる

マイナビ

マイナビ

『マイナビ』は、全国の企業情報や就活スケジュールなどの就活準備コンテンツを提供している就活サイトです。掲載企業数は、25,000件以上、説明会の受付企業数も16,000件以上。全国の企業情報を見て、説明会の予約や選考エントリーが可能です。

マイナビの魅力は、『マイナビ就職EXPO』という国内最大級の就活イベントを実施していることです。国内の優良企業が一度に集まる『マイナビ就職EXPO』は、北海道、関東、東海、関西、九州まで、全国各地で行われます。マイナビ就職EXPOでは、企業担当者と直接会って話が聞けるため、会社の雰囲気や従業員の雰囲気を直で知ることができます。

マイナビに登録してみる

24卒の就活生は、早めの行動が大事!

引き続きコロナ禍での就職活動が予想される24卒の就職活動は、例年と比べて異なることはあるのでしょうか。

個人的な見解をお伝えすると、24卒の就活生は、できる限り早めに準備をした方が良いと考えています。

なぜなら、このようなご時世の中、不安を抱く就活生が多く、周りの学生も早期から準備しているためです。

コロナの影響で直接的な人との繋がりが減り、自らで情報を取りにいく必要性が高まったり、行動の制限(海外留学やサークル活動の減少など)によってガクチカとしてアピールする内容が薄くなったりと不安に感じている就活生が多いのが事実です。

また、少なからず2,3年前と比較して採用数を減らす企業もあるため、必然的に就職の難易度も高くなります。

他の就活生に後れを取らないよう、早期から準備をしておくことをオススメします。

まとめ

本記事では、24卒とは何年生なのか、また24卒の就活生がこれから何をすべきかを解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

今、この記事を読んでいる24卒の就活生は、少なからず就活に対して準備をしなければいけないという意識がある学生だと思います。まだ動き出していない人はこの記事をきっかけに就職活動を始めるきっかけになれば幸いです。

不安を抱いてしまうことは仕方ないですが、「備えあれば憂いなし」です。しっかりと自分に向き合い、これから始まる就職活動を応援しています!

就活生の約3人に1人が登録中!
OfferBox(オファーボックス)


OfferBox(オファーボックス)

 

OfferBox(オファーボックス) は、就活生の約3人に1人が登録するスカウト型の就活サイトです。大手企業から中小/ベンチャー企業まで、11,000社を超える幅広い業種の企業から驚きのスカウトが届きます!

 

プロフィール登録だけの簡単操作で就活が一歩前に。自己分析に役立つ無料の適性診断や、会員限定のイベント参加など、就活を有利に進めるコンテンツが魅力的です!

 

無料登録をしてスカウトを貰う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です