【無料】長期インターン相談受付中!

【26卒】早期選考を実施する企業一覧|早期内定のポイントを解説!

就職活動の準備を進めていると、「早期選考を実施している企業ってどこ?」「早期選考の情報はどうやって収集すれば良いの?」と、悩む方も多いですよね。

外資系やベンチャーなど、早期選考を実施する企業は増えていますし、早期選考の情報が少しでも遅れるだけで、就活準備に大きな差が生まれてしまいます。

そこで本記事では、早期選考を実施している業界別の企業や探し方早期選考の情報収集に使えるおすすめ就活サイトをご紹介していきます。

早期選考を通じていち早く内定を獲得したい人は、是非参考にしてみてください。

早期選考の情報収集なら『オファーボックス』と『キャリアチケットスカウト』がおすすめ!早期選考の案内がスカウトで届きます

【就活サイト】

絶対登録したい就活サイト3選!

 

【1位】オファーボックス(OfferBox)

登録必須!内定直結の就活神サイト

大手企業から驚きのスカウトが届きます

 

【2位】キャリアチケットスカウト

登録必須!価値観診断付きの神サイト

大手企業が急増中|選考免除の案内あり

 

【3位】キミスカ

登録多数!累計70万人が登録するスカウトサイト

適性診断機能・SPI対策機能も充実している

 


【就活支援サービス】

完全無料&就活サポートを受けるならココ!

 

【1位キャリアパーク(就職エージェント)

《1次面接免除》最短3日で内定獲得!

ES添削・面接対策サポート充実!

 

【2位】ミーツカンパニー(就活エージェント)

ES添削・面接練習まで徹底サポート

オンライン相談OK!限定イベントも公開中

 

【3位】レバテックルーキー

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング未経験でも就活成功します

就活サイト・就活エージェントを探す
就活サイト 就活エージェント 就活アプリ
逆求人サイト 就活イベント 自己分析ツール
理系向け就活サイト 就活支援サービス 就活口コミサイト
エンジニア就活サイト ES添削サービス 長期インターンサイト

早期選考を実施している企業一覧【業界別】

まず、早期選考を実施している業界・企業を紹介していきます

選考傾向に加えて具体的な企業名も解説していきますので、興味のある業界・企業はさらにリサーチしてみてください

早期選考①
外資コンサル

外資コンサルでは、企業が抱える経営事業課題を発見し解決まで導く仕事を行います

外資系は特に選考時期が早く、大学3年生の春頃からエントリーを受け付け始め、夏には内定を出し始めます。驚くことに、大半の外資コンサルは大学3年生の3月迄には採用活動を終えているほどです。

日本の就活スケジュールと異なる動きを踏まえた上で、自己分析のブラッシュアップや業界リサーチを大学2年生の内から始めましょう。

企業例 企業HP
アクセンチュア https://www.accenture.com/jp-ja
アビームコンサルティング https://www.abeam.com/jp/ja
デロイト トーマツ コンサルティング https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtc/dtc.html
マッキンゼー・アンド・カンパニー https://www.mckinsey.com/jp/overview
PwCコンサルティング https://www.pwc.com/jp/ja/about-us/member/consulting.html
ベイカレントコンサルティング https://www.baycurrent.co.jp/

早期選考②
外資系金融

資本の3分の1以上を外国資本で占める外資系金融では、企業向けに証券業務やM&A資金調達のアドバイス等を行います

外資系金融も外資コンサルと同じく、大学3年生早々からエントリーを受付始め、夏には内定を出し始めます。外資系金融は、高年収ということで非常に人気があり、応募者が集中しやすく競争率が高い業界です。

他の学生と差別化できるアピールをするためにも、入念な自己分析と万全なES・面接対策が必要不可欠です。

企業例 企業HP
モルガン・スタンレー https://www.morganstanley.co.jp/ja
ゴールドマン・サックス https://www.goldmansachs.com/japan/
UBSグループ https://www.ubs.com/jp/ja.html
バンクオブアメリカ https://business.bofa.com/content/boaml/ja_jp/home.html
J.P.モルガン https://www.jpmorgan.co.jp/ja/about-us

早期選考③
外資系メーカー

海外に本社を置きながらも日本に進出している外資系メーカーは、化粧品や食品家電や衣料品に至るまで多種多様な企業が日本に存在します

外資系メーカーも大学3年生の3月迄には内定を出しを終えており、外資系コンサル・金融と同様に超スピード選考が特徴的です。

また、外資系メーカーではインターンシップの参加を選考エントリーの必須条件としており、インターンシップの重要性が高いことも特徴です。

選考エントリーの権利を得るためにも、インターンシップに関する情報収集も積極的に行いましょう。

企業例 企業HP
P&G Japan https://jp.pg.com/
ネスレ日本 https://www.nestle.co.jp/
ジョンソンエンドジョンソン https://www.jnj.co.jp/
エスティーローダ https://www.esteelauder.jp/
ユニリーバ・ジャパン https://www.unilever.co.jp/

早期選考④
外資系IT

高度なITスキルを持つ優秀層を狙う外資系IT業界では、「即戦力」が選考基準のキーポイントになります

そのため、インターンシップでは本格的な課題に取り組むプログラムが用意されており、インターンシップを実質的な1次選考として位置付けています。

ハードルが高そうに見えますが、インターンシップで成果を収めることができれば、スキルを評価されて早期選考へ案内してもらえる可能性も十分あります。

即戦力が重視されることを踏まえ、テクニカルスキルのブラッシュアップも並行して行うことが重要です。

企業例 企業HP
グーグル https://careers.google.com/?hl=ja_jp
日本マイクロソフト https://news.microsoft.com/ja-jp/cp/outline/
アマゾン https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5600252051
日本IBM https://www.ibm.com/jp-ja

早期選考⑤
総合商社

総合商社とは、食品や生活品、機械、金融等多種多様な事業領域で商品取引を行う企業です

基本的には6月の選考解禁に合わせて選考を実施しますが、実際はインターンシップやリクルーター・OBOG訪問で評価が高かった就活生を対象に早期選考の案内をしています。

そのため、早期内定を勝ち取るためには、企業と接点を持った際に好印象を与えられるかどうかが重要です。

インターンシップやリクルーター・OBOG訪問は、自己アピールの場だと捉えて志望度や就活意欲の高さを積極的に伝えていきましょう。

企業例 企業HP
三菱商事 https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/
伊藤忠商事 https://www.itochu.co.jp/ja/
三井物産 https://www.mitsui.com/jp/ja/
住友商事 https://www.sumitomocorp.com/ja/jp
丸紅 https://www.marubeni.com/jp/
双日 https://www.sojitz.com/jp/
豊田通商 https://www.toyota-tsusho.com/

早期選考⑥
日系金融

メガバンクや証券会社、生命保険・損害保険に代表される日系金融業界も、経団連の就活スケジュールに合わせて6月から内定を出し始めます

しかし、総合商社と同じくインターンシップやリクルーター・OBOG経由で評価が高かった就活生は早期選考に案内され、6月前に内定を獲得できるケースもあります。

早期選考へ案内されるきっかけは企業によって異なるため、クチコミサイト等で各企業の情報収集をしてタイミングを逃さないようにしましょう。

企業例 企業HP
三菱UFJ銀行 https://www.bk.mufg.jp/saiyo/index.html
三井住友カード https://jinji.smbc-card.com/
日本生命 https://www.nissay.co.jp/kaisha/saiyo/
野村証券 https://www.nomura-recruit.jp/graduate/
東京海上日動火災保険 https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/recruit/

早期選考⑦
テレビ業界

テレビ業界も早期選考を実施している業界のひとつです

特に、全国放送権を持つ都内キー局とキー局に次ぐ放送規模を持つ大阪府内の準キー局は、大学3年生の秋には本格的に選考が始まります。

なお、テレビ業界を目指すならインターンシップ参加は必須。特殊な業界だからこそ、インターンシップで得た経験・学びを選考時のアピールポイントとして活かしていくことが重要です。

リアルな業界理解に基づく選考対策を行うためにも、インターンシップへ積極的に参加しましょう。

企業例 企業HP
フジテレビジョン https://www.fujitv.co.jp/recruit/
日本テレビホールディングス https://www.ntvhd.co.jp/recruit/
TBSホールディングス https://www.tbsholdings.co.jp/recruit/

早期選考⑧
ベンチャー企業

成長意欲の高い環境下で、自身をレベルアップさせたい人に人気があるベンチャー業界

ベンチャー企業でも早期選考を実施しており、夏のインターンシップ後からエントリーが始まって大学3年生の秋冬頃には早々に内定が出始めます。

また、人材獲得に積極的な業界のため、年間を通して採用活動を行う企業もあります。

各企業の採用サイトを細めにチェックしたり先輩就活生のクチコミサイトを参考にしながら、早めに動き出していきましょう。

企業例 企業HP
リクルート https://www.recruit.co.jp/employment/
楽天グループ https://corp.rakuten.co.jp/careers/
サイバーエージェント https://www.cyberagent.co.jp/careers/
GMOインターネット https://recruit.gmo.jp/rookies/
DeNA https://dena.com/jp/recruit/
LINE https://linecorp.com/ja/career/
エイチーム https://www.a-tm.co.jp/recruit/
エン・ジャパン https://corp.en-japan.com/recruit/
レバレジーズ https://leverages.jp/recruit/
メルカリ https://careers.mercari.com/jp/
カカクコム https://corporate.kakaku.com/recruit
ユーザベース https://www.uzabase.com/jp/careers/
ビジョナル https://www.visional.inc/ja/careers.html

早期選考・早期内定が出る企業の探し方

早期選考は、初動の速さが重要ですしかし、スピード感の重要性は理解していても「早期選考を行っている企業はどうやって探せば良いの?」と手が止まってしまう人も多いと思います。

ここからは、早期選考を実施する企業を探す5つの方法を紹介していきます。

就活サイトを活用し、早期選考に向けて戦略的に計画を立てていきましょう。

逆求人の就活サイトを利用する

OfferBox(オファーボックス)

1つ目の方法は、逆求人型の就活サイトを利用して早期選考に応募する方法です

逆求人とは、サービスに登録された就活生のプロフィールや自己PRに興味を持った企業が、学生に直接スカウトを送るサービスです。

企業が「会いたい」と思う学生に向けてアプローチするため、スカウトが届く時点で特別な早期選考に案内される可能性が非常に高いです。

しかし、企業が送付できるスカウト数には上限があるため、簡単にスカウトは送られてきません。企業は、エピソード欄を1つ1つ熟読し、本当に会いたいと思う学生にのみに絞ってアプローチしていきます。

そのため、スカウトをもらって早期選考に繋げるためには、エピソード欄を充実させておく必要があります。自社とのマッチング度を重視して企業が学生を探していることを意識し、プロフィール情報を整理しておきましょう。

早期選考の案内をもらうためにも、逆求人の就活サイトは複数登録しておきましょう

【就活サイト】

最低限登録したい就活サイト3選!

 

【1位】オファーボックス(OfferBox)

登録必須!スカウトが届く就活サイト

大手企業の登録数No.1 早期登録が圧倒的におすすめ!

 

【2位】キミスカ

併用必須!優良企業から驚きのスカウトが届く

オファーボックスと併用すれば効率アップ

 

【3位】キャリアチケットスカウト

併用推奨!意外と知られていない今がチャンス

個人的に使いやすさNo.1 自己分析が全て完結

就活エージェントを活用する

キャリアチケット

2つ目の方法は、就活エージェントを活用し非公開求人経由で早期選考に応募する方法です

就活エージェントには企業から数多くの求人が寄せられており、中には企業とマッチング度が高い就活生にしか紹介されない「非公開求人」が含まれていることもあります。

マッチング度が高いということで、企業も一部選考を免除した特別な選考ルートを用意しており、結果として早い時期に内定を獲得できます。

こうした非公開求人を紹介してもらうためには、キャリアアドバイザーへ事前に情報提供をしておくことが重要。

志望業界や職種、キャリアビジョンに加え、自身の強みも伝えることで、マッチング度が高い企業探しに活かしてくれます。

採用サイトや一般的な就活サイトでは出会えない非公開求人を狙って、就活エージェントを活用してみましょう。

【就活エージェント】

完全無料&就活サポートを受けるならココ!

 

【1位キャリアパーク(就職エージェント)

《1次面接免除》最短3日で内定獲得!

ES添削・面接対策サポート充実!

 

【2位】ミーツカンパニー(就活エージェント)

ES添削・面接練習まで徹底サポート

オンライン相談OK!限定イベントも公開中

 

【3位】レバテックルーキー

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング未経験でも就活成功します

就活サイトから情報を仕入れる

ONE CAREER(ワンキャリア)

3つ目の方法は、就活サイトから早期選考を実施している企業を探す方法です

例えば、大手就活サイトのリクナビでは、フリーワードで「早期選考」と設定して企業を検索できます。

ある程度志望業界や職種が決まっているようであれば、検索軸に早期選考も絡めて情報収集すると良いでしょう。

また、就活サイトでは一度に何十社も集まる合同説明会を定期的に開催しています。合同説明会では、ブースに来訪した学生に対して特別に早期選考の案内をしている場合があり、情報収集として価値ある場です。

また、合同説明会では、採用担当者や先輩社員と直接コミュニケーションが取れるため社風を実感できる場でもあります。

早期選考の情報収集と企業理解を深めることを目的に、合同説明会にも足を運んでみましょう。

OBOGやリクルーターを探す

Matcher(マッチャー)(OB・OG訪問)

4つ目の方法は、OBOGやリクルーター経由で早期選考へ応募する方法です

リクルーターとは、採用担当以外で就活生のフォローを行う社員のことで、OBOGと同様にインターンシップや合説経由で企業から紹介を受ける場合が多いです。

いずれも座談会を通じて就活の相談にのってくれますが、実質的には一次面接の側面も持ち合わせています。というのも、OBOG・リクルーターの評価は、採用担当者に伝わる仕組みになっているからです。

そして、OBOG・リクルーターの評価は、入社後の相性に直結するため、評価として重視される傾向が強いです。

そのため、OBOGやリクルーターから評価を得た人=優秀な学生という位置付けとなり、早期選考の案内を受けられる可能性が高まります。

面談はカジュアルな雰囲気で実施されますが、貴方の価値観や就活意欲が見られていることを意識して立ち振る舞うことが大切です。

インターンシップに参加する

長期インターンならRenew(リニュー)

最後は、企業が開催するインターンシップに参加して早期選考の案内を受ける方法です

インターンシップでは、企業説明の他にグループワークや業務体験、座談会等が用意されており、具体的かつ実体験に基づき企業を理解することができます。

一見、就活生が企業理解を深めるためのイベントに見えますが、企業側はインターンシップを通じて優秀な学生を探しています。

例えば、グループワークで周囲と協働できているか、さらには着眼点の鋭さやアウトプットスキル等、様々な側面から学生の能力を見極めています。

そして、パフォーマンスが優秀な学生にだけ後日早期選考の案内を送り、特別枠として選考ルートにのせていきます。

インターンシップが早期選考の入口になることから、インターンシップでも選考されている意識を持って参加することが重要です

\ 早期選考の情報収集に使える /

早期選考のおすすめ就活サイト5選

30秒で簡単に登録できます

早期選考の情報収集におすすめの就活サイト

最後に、早期選考の情報収集におすすめの就活サイト就活エージェントをご紹介します

早期選考の情報収集を効率的に進めるためにも、複数の就活サイトを併用しながら準備を始めましょう

おすすめ就活サイト
OfferBox(オファーボックス)|大手企業から早期選考のスカウトが届く

OfferBox(オファーボックス)

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
料金 無料
地域 全国
登録企業数 15,000社以上
大手企業 931社(上場企業)
利用学生数 390,000名(22卒,23卒合算)
運営会社 株式会社i-plug(アイプラグ)
※東京証券取引所マザーズ市場上場
サイトURL https://offerbox.jp

オファーボックス は、新卒就活で最も利用されているオファー型就活サイト*です。大手企業からベンチャー企業まで、登録企業10,433社から興味を持った学生に対してオファーが送られる”逆求人”のシステムを採用。プロフィールを80%以上入力すれば、オファー受信率は驚異の93.6%と、優良企業からオファーがもらえます。

興味のある業界や職種、やりたい仕事が見つかっていない時期は、幅広い選択肢の中から企業を探すのも就職活動では大事な手段。OfferBoxなら、さまざまな業界から声がかかるので、キャリアの選択肢を広げる意味でも、登録しておいて損はないサービスです。

運営会社の株式会社i-plugは株式上場もしており、利用規約やプライバシーポリシーを読んでも個人情報の管理には信頼性があります。

OfferBoxをもっと詳しく知りたいひとはこちらの記事(オファーボックスの評判)もおすすめです。

\ 絶対登録しておきたい!おすすめ就活サイト /

オファーボックスの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

おすすめ就活サイト
キャリアチケットスカウト|大手・ベンチャー企業から早期選考の案内が届く

キャリアチケットスカウト

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️・
料金 無料
地域 全国
登録企業数 非公開
大手企業 非公開
利用学生数 非公開
運営会社 レバレジーズ株式会社
サイトURL https://media.careerticket.jp/

キャリアチケットスカウト は、レバレジーズ株式会社が運営する逆求人型(スカウト型)の就活サイト運営会社は、ハタラクティブやレバテックを運営する就職・転職支援に強い会社のため信頼性は抜群です。

一般的な希望条件(業界や職種、勤務地、給与など)でマッチングするスカウト就活サイトとは違い、キャリアに対する価値観にマッチする企業からスカウトが届くことが特徴です。会社の雰囲気や価値観の相性を重要視しています。

キャリアチケットスカウトに登録すると、自分のキャリア価値観を診断するテストを受けることができ、診断結果に応じて価値観のある会社からスカウトが届く仕組みです。価値観診断は自己分析としても利用できるため、エントリーシートや面接対策にも役立ちます。

実際にキャリアチケットスカウトに登録してみると驚きますが、スカウトを貰うために必要なプロフィール情報の入力や、自己PRの記入、学生時代に力を入れたことの記入が、非常に簡単です。

キャリアチケットスカウトをもっと詳しく知りたい人はこちらの記事(キャリアチケットスカウトの評判)もおすすめです。

\ 個人的に使いやすさNo.1 /

キャリアチケットスカウトの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

おすすめ就活サイト
キミスカ|優良中小企業から早期選考のスカウトが届く

キミスカ

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
料金 無料
地域 全国
登録企業数 2,000社以上
利用学生数 250,000名(22卒,23卒合算)
運営会社 株式会社グローアップ
サイトURL https://kimisuka.com/company/

キミスカは、企業からスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。利用者数は1,820社と多く、大手企業や外資企業、ベンチャー企業が登録をしています。登録学生数も累計18万人以上、就活生の多くがキミスカを登録してスカウトを待っています。

自己PRや学生時代頑張ったことなど、プロフィールを登録するだけで様々な企業からスカウトが届きます。エントリーシートや履歴書には書ききれないあなたの経験や希望を登録して、効率よく就職活動が進められるのが特徴です。

誰にでも送っているラブレターよりも、自分のことを想って送ってくれる特別なラブレターを貰えるのは、キミスカを利用するメリットと言えるでしょう。実際に登録してみると、数日で沢山のスカウトが届きますよ。

キミスカをもっと詳しく知りたい人はこちらの記事(キミスカの評判)もおすすめです。

\ 就活生は登録必須! /

キミスカの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

おすすめ就活エージェント
キャリアチケット|早期選考企業の紹介&内定直結の就活サポートが受けられる

キャリアチケット

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
料金 無料
地域 東京(渋谷・池袋)、大阪、京都、名古屋
※オンラインの面談も可
利用学生数 年間10,000人以上
運営会社 レバレジーズ株式会社
サイトURL https://careerticket.jp/

キャリアチケット は、レバレジーズ株式会社が運営する新卒向けの就活エージェントサービスです。

年間10,000名以上の就活生が利用する人気のサービスで、担当者の質が高く、魅力的な企業紹介に加えて、長期的なキャリア形成を視野に入れた就活サポートを無料で受けることができます。

内定確率の高い質重視の支援スタイルを重要視しており、学歴や希望条件に加えて本当に相性の良い企業しか紹介されません

自己分析や仕事に対する価値観を擦り合わせた上で、厳選した企業を数社紹介してくれるので、無理に複数社を紹介されない点や、学生に親身に寄り添ってくれる支援体制が人気の理由です。

また業界大手の企業が運営していることもあり、就職活動に関する知見を活かした企業別のES添削や面接対策を実施してくれます全ての就活サポートを無料で受けられるので、自分に合った企業を知りたいひと、選考通過率・内定率を少しでもあげたい人は、キャリアチケット がおすすめです。

キャリアチケットをもっと詳しく知りたいひとはこちらの記事(キャリアチケットの評判)もおすすめです。

キャリアチケット は、内定直結の就活サポートが最高クラスの就活エージェント就活の軸や希望条件に合わせた相性の良い企業を紹介してくれるので、最低限登録しておきましょう。

\ 内定直結の就活サポートが最高クラス /

キャリアチケットの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

おすすめ就活エージェント
ジョブスプリング|ES添削・面接対策で早期選考をサポート

JobSpring

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️・
料金 無料
地域 関東・関西・名古屋・福岡
※オンライン面談可能
利用学生数 年間5,000名
運営会社 HRクラウド株式会社
サイトURL https://jobspring.jp/

JobSpring(ジョブスプリング) は、HRクラウド株式会社が運営する新卒向けの就活エージェントサービスです。

年間5,000名以上の就活生が利用する人気のサービスで、自己理解を深める徹底的なカウンセリングをもとに、就活の軸や希望条件にあった企業を厳選して3〜4社提案してくれます。

就活初期の自己分析はもちろん、ES添削・面接対策・グループディスカッション対策にも活用できます就活のプロアドバイザーが相談に乗ってくれるため、先輩就活生やキャリアセンターよりも、質の高いフィードバックが貰えますし、内定がもらえない時期の悩みや不安にも優しく相談に乗ってくれます。

他の就活エージェントとは違い、自己分析や面接対策グループディスカッション対策を目的に登録することもできます定期的に就活イベントも開催しているため、登録するだけでも就活に役立つ情報がバンバン手に入ります。

就職活動の進め方に不安があるひと、ES添削や面接対策を中心に行いたいひとは、ジョブスプリング に登録してみましょう。就活対策を通じてスピード内定を実現できますよ。

クチコミ

非常に質の高いサービスで大満足しています。4社エージェントを利用した中で間違いなく一番です!
まず、じっくり話を聞いた上でどんどん深掘りしてくださるので、自己理解度が高まりました。また自分の過去の経験から得られた価値観ややりがいに合った企業を紹介していただけます

ジョブスプリングをもっと知りたい方はこちらの記事(ジョブスプリングの評判)もおすすめです。

JobSpring(ジョブスプリング) は、ES添削・面接対策の質が高い就活エージェント徹底的に就活対策を行いたいひとにおすすめなので、一緒に登録しておきましょう。

\ ES添削・面接対策で内定を実現 /

ジョブスプリングの公式サイトを見る

すべて無料で利用できます

早期選考に参加する前に知っておきたいこと

企業はなぜ早期選考を実施するのでしょうか

あえて規定のスケジュールと異なる時期に選考を進める裏には、企業の隠れた狙いがあります。

企業が早期選考を実施する目的を理解し、効率的かつ効果的に選考対策を進めていきましょう!

早期選考とは

早期選考とは、経団連が提示している新卒採用スケジュールよりも早い時期に選考活動を行い内定出しまで行う選考です

通常の就活スケジュールが、大学3年生の3月から選考情報解禁、大学4年生の6月から選考活動がスタートする流れに対し、早期選考は大学3年生の夏・秋頃から選考活動がスタートし、通常スケジュールよりも数か月~半年程早く内定出しまで行います。

特に、即戦力を重視している外資系企業では、大学3年生の春頃から動き出しており優秀な人材の獲得に積極的ですし、一部ベンチャー企業では「通年採用」を導入して優秀な人材と常に接点を持とうとしています。

早期選考を実施する時期は業界や企業によって異なるので、徹底的にリサーチを行いエントリーのタイミングを逃さないようにしましょう。

早期選考を企業が行う理由

早期選考を企業が行う最大の理由は、優秀な学生の囲い込みです

昨今、就活市場は就活生が有利な売り手市場に移行し、企業は数少ない優秀な学生を巡って争奪戦を繰り広げている状況です。

ここで言う「優秀」とは、偏差値のことではありません。キャリアプランを早くから意識し、自身の就活プランに基づいて実際に行動している学生のことを指します。

先見性と計画力、そして実行力を持つ就職意識の高い学生を自社に迎え入れるべく、各社早期選考を行っているのです。

また、早期に内定を出すことによって、入社前の育成期間を長めに確保できることも早期選考を実施する理由のひとつ。内定者期間から少しずつ育成していくことで、入社後のスムーズなスタートに繋げ、指導負担を分散させたいと考えています。

こうした企業側の目的を理解した上で、戦略的に早期選考対策を行うことが重要です。

早期選考の業界別スケジュール

一般的な就活スケジュールでは、3月から情報解禁、6月から選考活動が始まりますが、外資系やベンチャー企業をはじめ、一部業界では規定のスケジュールよりも半年近く早い時期から選考を始めています

6月から選考開始としている業界でも、実際は水面下で学生の選別を行っているので「通常の選考スケジュールだから」という理由で安心してはいけません。

いずれの業界もインターンシップから早期選考が始まっているケースが多く、インターンシップに参加しているか否かが早期内定の分かれ道となります。

全体スケジュールを把握した上でインターンシップへ積極的に参加し、企業との接点を幅広く持っていくことが就活成功のカギです。

企業例 企業HP
大学3年生の9月頃~ 外資コンサル
大学3年生の10月頃~ 外資系メーカー
大学3年生の10月頃~ 外資系IT
大学3年生の12月頃~ 外資系金融
大学3年生の12月頃~ ベンチャー企業
大学4年生の5月頃~ 広告・マスコミ業界
大学4年生の6月~ 総合商社
大学4年生の6月~ 日系金融

\ 早期選考の情報収集に使える /

早期選考のおすすめ就活サイト5選

30秒で簡単に登録できます

早期選考に参加する3つのメリット

ここまで早期選考を実施する業界・企業や企業が早期選考を実施する意図を解説してきました。企業優位で展開されているように見える早期選考ですが、実は就活生にもメリットがあります。

それぞれ解説していきます。

メリット①:早い時期から本選考に参加できる

早い時期から本選考に参加することで、実践経験を積むことができるというメリットがあります

選考対策では、PDCA(Plann=計画、Do=行動、Check=評価、Action=改善)を繰り返して選考スキルをブラッシュアップすることが重要です。

最初は上手く書けなかったエントリーシートも回数を重ねれば表現力が高まりますし、緊張ばかりだった面接も回を重ねていくごとに回答内容も洗練されていきます。

そして、たとえ早期選考で落ちてしまったとしても、「業界研究が不足していたな」「焦ると回答が長くなりがちだな」等、自分のウィークポイントを分析し、次の選考に向けて改善へ繋げられます。

早期選考で本番を経験したからこそ気付けた課題を1つずつクリアしていくことで、就活全体のスキルを磨けることは大きなメリットです。

メリット②:周りよりも早い時期に内定をもらえる

就活はメンタルとの戦いです

就活中は、「友達は内定を持っているのに、私は内定が無い…。」というように、周りと比較して自身を悲観的に捉えがちです。

不安を抱えたままでは、自信を持って選考に挑めませんし、ネガティブな感情は表情や言葉からも面接官に伝わって印象を悪くしてしまいます。

さらに、一刻も早く安心したいがために望まない条件の企業からの内定を承諾し、入社後にミスマッチを起こしてしまうことも。

早期選考で1つでも内定を獲得できると気持ちに余裕と安心感が生まれます内定があることで、志望業界や企業をさらに吟味してエントリーできますし、選考企業を絞り込むことで集中して選考対策を進めることができます。

精神的な余裕があることによって自分軸で就活を進められることは、早期選考の大きなメリットです。

メリット③:内定後の時間に余裕が生まれる

早い時期に内定をもらえることで時間に余裕が生まれるため、内定後の学生生活を有意義に過ごせるというメリットがあります

早期に内定をもらった人は、6月の選考活動解禁後に就活を終える人と比較すると約3ヵ月以上もの時間を自由に使えることになります。

自由な時間を使って、サークルやアルバイトに打ち込む、資格取得に向けて勉強をする、言語を学ぶために短期留学に行ってみる等々、時間がある時にしかチャレンジできないことに没頭できます。

また、興味あること・好きなことを思う存分やり切ることは、精神的な成長にも繋がりますよね。精神の成長や心の充実感は、4月からスタートする社会人生活の原動力そのもの。

就活後の学生生活を充実させて、社会人生活への活力をチャージしましょう。

\ 早期選考の情報収集に使える /

早期選考のおすすめ就活サイト5選

30秒で簡単に登録できます

早期選考に参加する際の注意点

就活生にもメリットが大きい早期選考ですが、一方で注意すべきポイントも存在します

ここから具体的な注意点を解説していきますので、メリットと注意点を比較しながら、本当に早期選考を受けるかどうか検討していきましょう。

注意点①:就活準備に差が生まれる

早期選考では、選考時期が通常選考よりも早まるため就活準備も前倒しで行う必要があります

そのため、早期選考を見据えて早くから就活準備ができているかどうかで、選考通過率も大きく変わってきます。

実際、早期選考のタイミングで就活準備が万全である就活生は多くありません。逆を言えば、早期選考の段階で自己分析や業界・企業研究がしっかり行えていると、面接官の目に留まって評価が上がりやすくなります。

しかし、自己分析や業界・企業研究、選考対策等は一夜漬けでできるものではありません。後述しますが、企業によっては選考のチャンスが1回しかない場合もあるので、1回の選考に全力で臨める準備をしておく必要があります。

折角の選考機会を無駄にしないためにも、2年生後期の内から時間を掛けて入念な選考対策することが大切です。

注意点②:本選考にエントリーできない可能性もある

一部企業では、早期選考受験者は本選考へのエントリーを不可としている場合があります

事前に採用ホームページや就活生のクチコミサイト等をチェックして、早期選考受験者の本選考参加可否についてリサーチしておきましょう。

選考では、価値観の違いや論理的思考力・コミュニケーション力の不足等、根本的な相違や短期間では修正できない能力の部分で不合格になることが多いです。

厳しい話ですが、一度ミスマッチの評価が下されると、その後覆る可能性は限りなく0に近いです。

そのため、就活軸のブラッシュアップや業界・企業研究、選考対策が不十分なのであれば、早期選考を見送って本選考に向けて準備を進めていく判断も必要です。

自身の準備状況を見極めながら、早期選考へ応募するかどうか検討していきましょう。

注意点③:内定承諾を急かされる可能性もある

いわゆる「オワハラ」を受ける可能性があります

オワハラとは、企業が内定出しを行った学生に対して強制的に他企業の選考を辞退するよう促す行為を指します。例えば、内定承諾書の提出を異様に急かされること等は、オワハラでよく見られる事例です。

早期選考を行う企業の目的は、優秀な学生を早期から囲い込むこと。そのため、内定を出した学生を他社に取られないよう、内定承諾書を利用して学生の行動範囲を狭めようとします。

しかし、内定承諾書の法的拘束力が発生するのは入社2週間前から。極端ですが、入社2週間前迄なら辞退をすることも可能です。

オワハラは就活生の職業選択の自由を侵す許されない行為です。オワハラを受けた際は、企業のブラックな本質が見えたと捉え、入社すべきか再検討してください。

\ 早期選考の情報収集に使える /

早期選考のおすすめ就活サイト5選

30秒で簡単に登録できます

早期選考企業まとめ

最後に本記事をまとめます。

  • 早期選考の実施時期や条件は業界・企業によって異なる。リサーチを徹底して行い、エントリーのタイミングを逃さないようにする。
  • 企業側の早期選考に対する狙いを理解して志望動機や自己PRを準備しておくことで、他の学生と差をつける。
  • 競争率の高い早期選考を勝ち抜くためには、念入りな事前準備が必要不可欠。各業界の選考スケジュールから逆算して、就活対策を計画するとが重要。

今回の記事を通じて、早期選考について知れば知るほど「ハードルが高そう…」という印象を持った人もいるかもしれません。

確かに、早い時期から情報収集や選考対策を行う大変さはあります。しかし、早期選考で培った経験値は、その後の就活や社会人生活で必ず役に立つものです。

大切なことは、目的に向かって1日でも早く行動すること。本記事を参考に、早期選考に向けての第一歩を踏み出してくださいね!

就活サイトは目的にあわせて2〜3個ずつ登録するのがおすすめです。就活は情報戦、必要な就活サイトは全て登録しておきましょう!
就活エージェントの評判・口コミ
キャリアパーク 就活エージェント キャリアパーク就職エージェントの評判・口コミ
全国各地から優良企業を厳選。大手企業の内定獲得にも強い
ミーツカンパニー ミーツカンパニーの評判・口コミ
ES添削や面接練習、GD練習などの就活サポート付き
キャリアチケット キャリアチケットの評判・口コミ
量より質をコンセプトに本当に合う会社しか紹介されない
ジョブスプリング ジョブスプリングの評判・口コミ
自己理解を深める徹底的なカウンセリングが強み
レバテックルーキー レバテックルーキーの評判・口コミ
ITエンジニア就職に特化した就活エージェント
irodas SALON イロダスサロンの評判・口コミ
関西圏で強い就活コミュニティサービス
doda新卒エージェント doda新卒エージェントの評判・口コミ
推薦応募・ES添削・面接練習など、内定獲得まで徹底サポート
キャリセン就活エージェント キャリセン就活エージェントの評判・口コミ
適職にマッチしたホワイト企業・成長企業を紹介
就活サイトの評判・口コミ
OfferBox オファーボックスの評判・口コミ
大手企業・外資系企業からスカウトが届く
キャリアチケットスカウト キャリアチケットスカウトの評判・口コミ
価値観診断付きの逆求人サイト
キミスカ キミスカの評判・口コミ
適職診断機能・SPI対策機能充実のスカウトサイト
doda キャンパス dodaキャンパスの評判・口コミ
適性検査・キャリアタイプ診断付きの逆求人サイト
アカリク アカリクの評判・口コミ
理系学生・大学院生・博士研究員(ポストグ)に特化した就活サイト
エンジニア就活 エンジニア就活の評判・口コミ
IT.WEBエンジニアに特化した就活ナビサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です