【無料】長期インターン相談受付中!

26卒の就活はやばい?今からできる就活準備を徹底解説!

25卒 就活 やばい

26卒の就活ってやばいらしい…こんな噂を耳にしてしまうと、就活前に不安でいっぱいになってしまいますよね。

就活事情や流行りは毎年変わるため、26卒の就活事情を具体的に理解をしている人は決して多くないはずです。

  • 26卒の就職活動は本当にやばいのか
  • 具体的にどんな就活ルールが適用されるのか
  • 今からできる就活準備はあるのか

本記事では、26卒の就活事情を正しく把握して今から就活準備を始める心構えをするための方法をご紹介していきます。

就活の全体像を正しく理解して、漠然とした不安を解消していきましょう。

\ 就活準備は今日から始めよう /

最低限登録するサイトまでスキップする

まずは就活サイトに登録してみよう

【就活サイト】

絶対登録したい就活サイト3選!

 

【1位】オファーボックス(OfferBox)

登録必須!内定直結の就活神サイト

大手企業から驚きのスカウトが届きます

 

【2位】キャリアチケットスカウト

登録必須!価値観診断付きの神サイト

大手企業が急増中|選考免除の案内あり

 

【3位】キミスカ

登録多数!累計70万人が登録するスカウトサイト

適性診断機能・SPI対策機能も充実している

 


【就活支援サービス】

完全無料&就活サポートを受けるならココ!

 

【1位キャリアパーク(就職エージェント)

《1次面接免除》最短3日で内定獲得!

ES添削・面接対策サポート充実!

 

【2位】ミーツカンパニー(就活エージェント)

ES添削・面接練習まで徹底サポート

オンライン相談OK!限定イベントも公開中

 

【3位】レバテックルーキー

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング未経験でも就活成功します

就活サイト・就活エージェントを探す
就活サイト 就活エージェント 就活アプリ
逆求人サイト 就活イベント 自己分析ツール
理系向け就活サイト 就活支援サービス 就活口コミサイト
エンジニア就活サイト ES添削サービス 長期インターンサイト

26卒の就活事情を解説!

26卒の就職活動が、何故やばいと言われているのか、26卒を取り巻く就活事情から解説していきます。

やばい状況に陥らないためにも、全体像を事前に理解しておきましょう。

インターンシップの取り扱いが変わる

2025年度からインターンシップの方針が大きく変わりました

これまでインターンシップで収集した学生情報を企業が採用活動に利用することを政府は認めていませんでしたが、25卒からは利用が認められるようになりました。

(ただし、就業体験を含むプログラムであることや既定の実施期間をクリアしている等、複数の項目を満たすことが条件となります。)

こうした大きな方針変更に伴い、企業側もインターンシップを選考活動の一環として積極的に活用して行く傾向が強まることが予想されます。

これまでは「仕事体験」の側面が強かったインターンシップが、選考活動の要素を含むイベントに変わっていくことで、就活生が取るべき動き方も大きく変わってくるでしょう。

就活開始の時期がさらに早まる

先に述べたように、26卒から企業がインターンシップで収集した学生情報を選考活動に利用することが公認されます。

そのため、「インターンシップ=早期選考」という位置付けで、例年以上に多くのインターンシップが夏前から開催されることが予想されます

学生情報を活用できるインターンシップは、就業体験の内容に合わせて5日間か2週間以上と規定されており、時間拘束の面からみると5日間のインターンシップには応募が殺到するでしょう。

興味あるインターンシップへ確実に参加するために、大学3年生になった直後から情報収集を行う、自己分析を進めて就活軸を固めておくことが必須と言えます。

インターンシップに限らず、独自の選考スケジュールで募集を行う企業も多数存在しますので、積極的に情報をキャッチしていくことが重要です。

選考のオンライン化が進んでいる

2020年以降、選考のオンライン化が急速に広がりました

また最近は、オンライン選考と対面選考を交えた「ハイブリッド選考」を多くの企業が導入し始めています。例えば、説明会はオンラインで実施し、選考が進んできた段階で対面選考を取り入れるという形です。

就活生にとって、移動時間と費用が節約できる分、興味がある企業の説明会へ積極的に参加できることは大きなメリットですし、企業にとっても就活生と効率良く接点を持てる方法なので、今後もハイブリッド選考は継続していく可能性が高いです。

26卒の就活でも、オンライン・対面それぞれのマナーや注意点を意識した選考対策を行う必要があります。

26卒の就活ってやばい?就活生がやるべき対策

就職活動は毎年毎年やばいと言われていますが、決して恐れる必要はありませんポイントを押さえた準備をしっかり行えば、どんな状況下でも有利に就活を進めることができます。

ここから26卒の就活生が押さえるべき3つの対策を紹介していきますので、参考にしてみて下さいね。

就活スケジュールを把握する

まずは、26卒の就活スケジュールを把握することから始めましょう

26卒の就活スケジュールは、経団連と政府を中心に議論され、2024年3月から採用情報が解禁、6月より選考活動が解禁と例年通りの動きを予定しています。

これを受けて2023年の4月には各種就活サイトがオープンし、早い企業だと6月頃から夏のインターンシップが順次開催され始めます。

しかし、ITやベンチャー企業等の急成長分野の企業では、優秀な学生を求めて通年採用や早期選考の実施を行っている場合もあります。

興味ある業界に就職した先輩に話を聞いてみる、SNSを活用して就活情報を収集する等、機会を逃さないよう事前にリサーチしておきましょう。

早い時期から就活準備に動きだそう

就活準備は、早ければ早いほど有利です

「夏のインターンシップに参加すれば、十分早いでしょ?」と思うかもしれませんが、本格的に就活が始まるとエントリーや選考対策に時間を取られがちで、じっくりと就活準備を進めることができません。

そのため、自己分析や業界研究等の重要タスクは大学3年生の春休みくらいから始めておくことがベスト。

時間に余裕がある内に、就活の方向性を定めておくことが後々の就活をスムーズに進めるためのキーポイントになります。

また、事前に就活準備ができていれば、年々早期化が進む企業の選考スケジュールにも柔軟に対応することができます。

選考のチャンスを逃さないためにも早めに就活準備に取り組みましょう。

インターンシップに参加しよう

インターンシップは、企業での仕事体験を通じて「社会人として働くこと」への理解を深めていくプログラムです。

参加することで、その企業の具体的な業務内容を学べるとともに働いている人達の雰囲気・社風をリアルで感じることができます。

なお、インターンシップへは複数参加することがおすすめです。

例えば、営業職に興味を持つ人が複数のインターンシップに参加することで、

「BtoBの営業に興味があったけど、A社のインターンに参加してみてBtoCの方が面白いと気付いた!」というような発見を得られます。

複数のインターンシップを通じて業界や職種、企業ごとの違いをリアルで感じ、就活軸をブラッシュアップしていきましょう。

26卒の就活準備に今からできること

ここからは就活準備として今からできることを3つ紹介していきます。

就活準備を何から始めれば良いかわからない人は、就活サイトに登録することからはじめてみましょう!

就活サイト(逆求人サイト)に登録してみる

就活準備にあたり、まずは就活サイトや逆求人サイトに登録しましょう

逆求人サイトとは、学生のプロフィールや強みに興味を持った企業がサイト経由で学生に直接スカウトを送るサービスです。

自己分析を進めていると「自分合う業界はここしかない!」と視野が狭くなりがちですが、想定外の業界からのスカウトを受けることで「こんな企業もあるんだ!」と新たな発見を得ることができます。

視野が広がる以外にも、自分のプロフィールやスキルがどのような業界・職種に魅力的に映るのかを図ることができるという点で、自己理解を深めることにも繋がります。

企業との接点を増やす、自己理解を企業目線で深められるという点で、利用してみる価値のあるサービスです。

就活エージェントに登録してみる

就職活動に不安があるひとは、就活のプロに無料相談できる就活エージェントにも登録してみましょう

就活エージェントとは、企業と学生をマッチングさせることを目的にした人材紹介サービスです。登録後は専任のアドバイザーが付き、貴方の就活軸に合う企業の紹介や選考対策等、就活をトータルサポートしてくれます。

新卒市場に詳しいアドバイザーから企業選びのポイントや選考対策における実践的なアドバイスをもらうことで、初めての就活も安心して着実に取り組めるでしょう。

また、就活エージェントと繋がりが深い会社から早期選考や特別選考に招待してもらえることも。プロのサポートで就活スキルレベルアップさせるとともに、一般的な就活サイトでは出会えない企業と繋がれる可能性があるという点でおすすめのサービスです。

自己分析・適性診断を受けてみる

就活軸を固めていくために、自己分析を通じて自分を知ることも始めてみましょう

「自分のことなんてよく分からない…」という人は、複数の質問に回答するだけで強みや適性を教えてくれる自己分析・適性診断サイトの活用がおすすめです。サイトを通じて自分について言語化してもらうことで、曖昧だった自分像を具体的にイメージすることができます。

また、性格・適性に繋がるエピソードも並行してピックアップしていくことで、自分が大切にしてきた考え方も見えてきます。

過去のエピソード整理は、エントリーシートや面接における自己アピール作りともリンクしていますので、選考対策にも活きることを意識しながら丁寧に進めていきましょう。

就活の自己分析を進めるなら、適性診断を受けるのがおすすめ適性診断なら、質問に答えるだけで自分の適性や向いている仕事を客観的に理解できますよ!!

自己分析におすすめ!

無料適性診断(AnalyzeU+)


オファーボックス 適性診断 結果

 

オファーボックスの適性診断(AnalyzeU+) は、質問に答えていくだけで、あなたの適性や社会で通用する強みを診断してくれる無料サービスです

 

診断結果は、ESや面接でも使える有意義な情報ばかり。自分の強みを客観的に理解して自己PRとしても使えます。アプリ内で届いたスカウトから選考に進むこともできますよ!

 

▶︎ 適性診断を受けてみる(無料)

自己分析ツールをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事(自己分析ツールおすすめ15選)もおすすめです。

長期インターンに参加する

業界や職種理解を深めるために、長期インターンの参加もおすすめしています

長期インターンとは、3ヶ月以上の中長期で行われる職業体験・就業体験のことであり、大手企業やベンチャー企業を中心に、さまざまな業界・職種で求人を募集しています。

短期インターンとは違い、実際の業務を体験できるため、業界や職種、企業を具体的に知れることはもちろん、学生時代頑張ったことや自己PRとして語れます。

時給が発生する有給インターンが多いので、お金を貰いながら仕事経験が積めますよ。

▼おすすめの長期インターンサイト

優良企業厳選!長期インターンサイト【Renew(リニュー)】

26卒の就活準備を始める具体的なステップ

続いては、26卒の就活準備を具体的なステップに分けて解説していきます。

初めての就活に不安は付き物ですが、順を追って準備をしていけば大丈夫。一歩ずつ着実に就活準備を進め、就活スキルを磨いていきましょう!

自己分析を始める

就活準備は、自己分析から始めましょう

自己分析は、就活における最重要項目です。なぜなら、自己分析を通じて人生における価値観を明確にし、企業選びの軸を設定していくからです。

まずは、幼少期から現在に至るまで「何を重視して決断してきたか?」「何に苦痛・喜びを感じてきたか?」「どういう立ち位置が得意だったか?」等、過去の感情・行動傾向を掴んで自分の価値観を掴んでいきましょう。

この価値観の洗い出しが、企業を選ぶ時に大切にしたいポイント=就活軸に繋がっていきます。自身の価値観をベースにした就活軸で企業を探すことは、入社後のキャリアが充実するかどうかにも大きな影響を与えます。

自己分析ツールの活用や身近な人からの意見も参考にしながら、時間を掛けて行っていきましょう。

業界研究・企業研究をする

自己分析に続き、業界研究も行いましょう

どのような業界が社会に存在するのか、各業界の動向や特徴等を理解しながら、自分に合いそうな業界や進みたい業界を絞り込んでいきます。

志望業界を絞ったら、次に業界内に存在する企業を研究してみましょう。同じ業界でも、経営者の考え方・ビジョンによってビジネスプロセスが異なりますので、複数の企業を比較しながら自分の価値観に合う企業を探していきましょう。

なお、他社との違いを意識した企業研究は、説得力ある志望動機にも繋がります。書類選考や面接時に「業界や企業を深く理解して応募してくれている。」という印象を与えられますので、選考対策の一環という意識も持って取り組みましょう。

エントリーシートを書いてみる

続いて、実際にエントリーシートを書いてみましょう

エントリーシートで自身を最大限にアピールするためには、論理的に文章を展開していくことが重要です。「結論→理由の流れを意識する」「主語と述語を一致させる」等に気を付けながら、相手へ伝わる文章に仕上がるよう書き進めていきましょう。

また、書き終えたエントリーシートは、第三者に読んでもらい、おかしな箇所がないか、貴方がアピールしたい強みが伝わる内容になっているか客観的なアドバイスをもらうと良いでしょう。

エントリーシートは「習うより慣れろ」です。何度も修正を重ねながら「伝わる」エントリーシートへ完成させていきましょう。

面接の練習をする

面接では、緊張感に飲まれて自分の考えや人柄を上手く話せないことがほとんどです。

少しでも自信を持って面接に臨むためにも、想定問答集を活用して頻出質問に対しては答えを事前に用意しておきましょう。

加えて、キャリアセンターや家族・友人に協力してもらって、面接の実践練習を行うことがおすすめです。なぜなら、話し方の癖や相手に与える印象、話の構成について客観的なアドバイスをもらうことで、面接スキルをブラッシュアップできるからです。

本番を意識した面接練習を重ねることは自信にも繋がりますので、面接に不安がある人は積極的に練習を重ねていきましょう!

インターンにエントリーする

就活準備を着実に進めたら、インターンシップにエントリーしてみましょう

インターンシップは、リクナビ・マイナビ等の就活総合サイトやインターンシップ特化型サイトから申し込むことができます。まずは総合サイトから広く情報を集め、状況に応じて特化型サイトも併用していきましょう。

社会人経験のない学生にとって、インターンシップは仕事のリアルを学べる絶好の機会です。インターンシップを通じて一企業の社風を感じることや先輩社員の考えを知ることは、自分のキャリアを考えるきっかけにもなります。

業界・企業理解はもちろん、自己理解を深める上でも効果が高いので、前向きにエントリーをしていきましょう!

26卒就活で最低限登録しておきたい就活サイト

就活準備に役立つおすすめの就活サイトを5つに厳選しました

企業説明会やインターンに応募できる就活サイトや、プロフィール登録でスカウトが届く逆求人サイトなど、就活サイトの種類も幅広いため、すべて利用してみるをおすすめします。まずはどんな就活サイトがあるのか、知ることから始めてみましょう。

新卒就活で最も使われている就活サイト|OfferBox(オファーボックス)

OfferBox(オファーボックス)

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
料金 無料
地域 全国
登録企業数 10,000社以上
大手企業 931社(上場企業)
利用学生数 390,000名(22卒,23卒合算)
運営会社 株式会社i-plug(アイプラグ)
※東京証券取引所マザーズ市場上場
サイトURL https://offerbox.jp

オファーボックス は、新卒就活で最も利用されているオファー型就活サイト*です。大手企業からベンチャー企業まで、登録企業10,433社から興味を持った学生に対してオファーが送られる”逆求人”のシステムを採用。プロフィールを80%以上入力すれば、オファー受信率は驚異の93.6%と、優良企業からオファーがもらえます。

興味のある業界や職種、やりたい仕事が見つかっていない時期は、幅広い選択肢の中から企業を探すのも就職活動では大事な手段。OfferBoxなら、さまざまな業界から声がかかるので、キャリアの選択肢を広げる意味でも、登録しておいて損はないサービスです。

運営会社の株式会社i-plugは株式上場もしており、利用規約やプライバシーポリシーを読んでも個人情報の管理には信頼性があります。

OfferBoxをもっと詳しく知りたいひとはこちらの記事(オファーボックスの評判)もおすすめです。

\ 絶対登録しておきたい!おすすめ就活サイト /

オファーボックスの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

企業の本気度がわかる逆求人サイト|キミスカ

キミスカ

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
料金 無料
地域 全国
登録企業数 2,000社以上
利用学生数 250,000名(22卒,23卒合算)
運営会社 株式会社グローアップ
サイトURL https://kimisuka.com/company/

キミスカは、企業からスカウトメールが届く逆求人型の就活サイトです。利用者数は1,820社と多く、大手企業や外資企業、ベンチャー企業が登録をしています。登録学生数も累計18万人以上、就活生の多くがキミスカを登録してスカウトを待っています。

自己PRや学生時代頑張ったことなど、プロフィールを登録するだけで様々な企業からスカウトが届きます。エントリーシートや履歴書には書ききれないあなたの経験や希望を登録して、効率よく就職活動が進められるのが特徴です。

誰にでも送っているラブレターよりも、自分のことを想って送ってくれる特別なラブレターを貰えるのは、キミスカを利用するメリットと言えるでしょう。実際に登録してみると、数日で沢山のスカウトが届きますよ。

キミスカをもっと詳しく知りたい人はこちらの記事(キミスカの評判)もおすすめです。

\ 就活生は登録必須! /

キミスカの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

意外と知られていない隠れた優良サイト|キャリアチケットスカウト

キャリアチケットスカウト

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️・
料金 無料
地域 全国
登録企業数
大手企業
利用学生数
運営会社 レバレジーズ株式会社
サイトURL https://media.careerticket.jp/

キャリアチケットスカウト は、レバレジーズ株式会社が運営する逆求人型(スカウト型)の就活サイト運営会社は、ハタラクティブやレバテックを運営する就職・転職支援に強い会社のため信頼性は抜群です。

一般的な希望条件(業界や職種、勤務地、給与など)でマッチングするスカウト就活サイトとは違い、キャリアに対する価値観にマッチする企業からスカウトが届くことが特徴です。会社の雰囲気や価値観の相性を重要視しています。

キャリアチケットスカウトに登録すると、自分のキャリア価値観を診断するテストを受けることができ、診断結果に応じて価値観のある会社からスカウトが届く仕組みです。価値観診断は自己分析としても利用できるため、エントリーシートや面接対策にも役立ちます。

実際にキャリアチケットスカウトに登録してみると驚きますが、スカウトを貰うために必要なプロフィール情報の入力や、自己PRの記入、学生時代に力を入れたことの記入が、非常に簡単です。

キャリアチケットスカウトをもっと詳しく知りたい人はこちらの記事(キャリアチケットスカウトの評判)もおすすめです。

\ 個人的に使いやすさNo.1 /

キャリアチケットスカウトの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

大学院生・理系学生におすすめ|Acaric(アカリク)

アカリク

おすすめ度 ⭐️⭐️⭐️⭐️・
料金 無料
地域 全国
登録企業数 累計1,000社以上
大手企業
利用学生数 累計15万人以上
運営会社 株式会社アカリク
サイトURL https://acaric.jp/

アカリクは、株式会社アカリクが運営する『理系学生・理系院生に特化した逆求人サイト』です。

アカリクでは、トヨタやソニー、住友化学など大手メーカーをはじめ1,000社以上が利用登録をしています。特にメーカーは技術職として理系院生を欲しており、アカリクのような理系学生特化型サイトは人材発掘の場として重宝されています。

また、院生の就活は、面接で研究のことを詳しく聞かれたり、現場社員との面談があったりと学部生と異なる部分が多々あります。アカリクでは、院卒に必要な就活のコツを無料就活相談や業界・職種特化型イベントで提供しており、そこから得られる情報は就活に役立つこと間違いなし!

スカウトサービスに加え、院卒ならではの就活アドバイスを受けられるのがアカリクの魅力です。

もっと詳しくアカリクを知りたい人は、こちらの記事(アカリクの評判)もおすすめです。

\ 理系学生・理系院生は登録必須! /

アカリクの公式サイトはこちら

すべて無料で利用できます

企業研究から選考対策まで完結|ONE CAREER(ワンキャリア)

ONE CAREER(ワンキャリア)

ONE CAREER(ワンキャリア) は、月間100万人が利用するナビサイト型就活サイトです登録企業数は500件以下と少ないため、多くの企業から探したい人には不向きですが、先輩の通過ES(エントリーシート)や、面接の過去問が見放題なのが大きな特徴です。

通過ESや選考体験談は、コンサル、金融、メーカー、商社、IT通信、広告や人材、教育、インフラ、不動産、旅行、美容、医療、公務員など、かなり多くの業界が揃っています。

エントリーシート通過後の選考の流れ(WEBテストや筆記試験、グループディスカッション、面接など)も公開されているため、知っているだけでも大きな差をつけられます。体験談はONE CAREER会員でなくとも閲覧できる太っ腹仕様です。

ONE CAREER(ワンキャリア)の公式サイトはこちら

実務経験が積める長期インターンサイト|Renew(リニュー)

長期インターンサイト Renew

Renew(リニュー)は、1ヶ月以上の中長期間働くことを目的とした長期インターンシップの求人サイトです。企画や営業、マーケティングはもちろん、エンジニアやデザイナーなどの専門職、人事や広報、アシスタントなど、職種理解を深めるインターンシップを多く掲載しています。

フルリモートOKの募集も多いため、首都圏以外の地方学生も参加可能。週2日以下・1日3時間など、学業や予定に合わせて柔軟にシフトを組めるため、大学やその他活動とも両立できます。

本格的な就活前に「働くことの理解を深めたい」「自分を知るきっかけを作りたい」ひとにおすすめです。

Renew(リニュー)の公式サイトはこちら

26卒就活の気になる疑問を解決

最後に、26卒の気になる疑問を紹介していきます。

不安を解消し、就活への第一歩を踏み出しましょう!

就活はいつから始めれば良いですか?

就活準備は、大学3年生の4月から始めましょう

いきなり選考対策から入るのではなく、自己分析から取り組むと良いでしょう。

自己分析とは、自分の価値観や強みを洗い出すために行う分析で、分析結果を元に就活軸やアピールポイントを見出すことが目的です。

自己分析を通じて就活軸を定めることが後の企業選択時に役立ちますので、是非自己分析から取り組んでみて下さい。

インターンシップはどのくらい参加するべきですか?

最低でも3社以上のインターンシップへ参加することをおすすめしています

同業界で複数のインターンシップに参加することもおすすめですが、是非、他業界のインターンシップへも参加してみて下さい。

別の業界を見てみることで、自分でも気づいていなかった適性が見つかる可能性が出てきます。

常に複数の業界・企業を比較し、自分にマッチする企業を見つけていく過程を大切にしていきましょう。

まとめ

最後に、26卒の就活事情とその対策方法についてまとめます。

  • インターンシップの位置付けが変わることで、例年よりも選考の早期化が進む可能性が高い。
  • インターンシップ・採用活動の前倒し傾向を意識し、大学3年生の春から就活準備を進めることが重要。
  • 就活の基本ステップを1つずつ丁寧に重ね、就活力を着実に身に付けていく。

就活を目前に控えた26卒生にとって、就活は焦りや不安を感じる未知の活動に思えるかもしれません。

しかし、大切なことは「最初の一歩」を勇気を持って踏み出すことです。

一歩踏み出すことで、新たな分野に興味を持ったり自己理解が深まったりと、就活をしなければ分からなかった気付きが多々得られるはずです。

今回紹介した就活対策を確実に押さえ、勇気を持って就活の第一歩を踏み出してくださいね

就活サイトは目的にあわせて2〜3個ずつ登録するのがおすすめです。就活は情報戦、必要な就活サイトは全て登録しておきましょう!
就活エージェントの評判・口コミ
キャリアパーク 就活エージェント キャリアパーク就職エージェントの評判・口コミ
全国各地から優良企業を厳選。大手企業の内定獲得にも強い
ミーツカンパニー ミーツカンパニーの評判・口コミ
ES添削や面接練習、GD練習などの就活サポート付き
キャリアチケット キャリアチケットの評判・口コミ
量より質をコンセプトに本当に合う会社しか紹介されない
ジョブスプリング ジョブスプリングの評判・口コミ
自己理解を深める徹底的なカウンセリングが強み
レバテックルーキー レバテックルーキーの評判・口コミ
ITエンジニア就職に特化した就活エージェント
irodas SALON イロダスサロンの評判・口コミ
関西圏で強い就活コミュニティサービス
doda新卒エージェント doda新卒エージェントの評判・口コミ
推薦応募・ES添削・面接練習など、内定獲得まで徹底サポート
キャリセン就活エージェント キャリセン就活エージェントの評判・口コミ
適職にマッチしたホワイト企業・成長企業を紹介
就活サイトの評判・口コミ
OfferBox オファーボックスの評判・口コミ
大手企業・外資系企業からスカウトが届く
キャリアチケットスカウト キャリアチケットスカウトの評判・口コミ
価値観診断付きの逆求人サイト
キミスカ キミスカの評判・口コミ
適職診断機能・SPI対策機能充実のスカウトサイト
doda キャンパス dodaキャンパスの評判・口コミ
適性検査・キャリアタイプ診断付きの逆求人サイト
アカリク アカリクの評判・口コミ
理系学生・大学院生・博士研究員(ポストグ)に特化した就活サイト
エンジニア就活 エンジニア就活の評判・口コミ
IT.WEBエンジニアに特化した就活ナビサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です