【全学年対象】長期インターンシップ募集中!

大学2年生でインターンは早過ぎる?参加メリットや注意点、選考事情を解説!

長期インターン 大学2年生

インターンシップの経験は、学生のうちから会社や仕事の理解ができることはもちろん、将来の就職活動のためにも役立つ経験です。しかし、何となくインターンシップは「大学3年生になったら参加するもの」と思っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、大学2年生からインターンシップに参加するのは早過ぎることはなく、夏休みや冬休み使って参加する学生も多いです

本記事では、そもそも大学2年生のうちから参加することができるインターンシップはあるのか、また、実際にインターンシップに参加することで得られるメリットやインターンシップに参加した方がよい人の特徴などをご紹介します。

>> 大学2年生のインターンシップ募集一覧はこちら

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

大学2年生もインターンに参加できる

結論からお伝えすると、インターンシップは大学2年生でも参加することが可能です。時期を見ても、全く早過ぎることはありません。

ただ、インターンシップを募集している企業全てが対象となるわけではありません。企業によっては、採用本選考に繋げるためにインターンシップを実施しているところも多いため、大学2年生は対象外になるケースもゼロではありません

そのため、インターンシップ募集企業の中でも大学2年生を受け入れしている企業を探す必要があります。

>> 大学2年生歓迎のインターンシップ募集一覧はこちら

大学2年生から参加できるインターンシップ

まず、インターンシップは、大きく2種類に分類されます。「短期インターンシップ」と「長期インターンシップ」です。これらには言葉通り期間に違いがあります。

短期インターンシップは、短いものだと約1日~1週間、長いもので1週間~1ヵ月程度の期間で実施されます。一方で、長期インターンシップは1ヵ月以上(3ヶ月以上と定義されることもあります)の期間にわたって実施されるものを指します。

短期インターンシップは3年生からしか参加できない場合が多いのですが、長期インターンシップは2年生(2回生)のうちから参加することができるものが多くあります。

ちなみに、短期インターンシップと長期インターンシップの違いは期間だけではなく、その他にも仕事内容や給与などにも違いがあります。具体的な違いは下記の通りです。

長期インターンと短期インターンの違い

期間 給料 業務内容
短期インターンシップ 1日~1ヵ月程度 無給 インターン用に用意されたワーク
長期インターンシップ 1ヵ月以上
※3ヵ月以上と定義されることもある
有給 社員と同じ通常業務

長期インターンが大学2年生から参加できる理由

なぜ、長期インターンシップは大学2年生でも参加できるものが多いのでしょうか。それは企業がインターンシップを実施する目的に違いがあるためです。企業がインターンを実施する目的は大きく3つあります。

  1. 新卒採用に繋げるため
  2. 事前に企業・仕事理解を深めてもらうことで入社後のミスマッチを防ぐため
  3. 従業員としての人材確保(労働力確保)のため

短期インターンシップは、主に1と2のような将来の採用に直結することが主な目的です。一方で、長期インターンシップは、1と2の目的もありつつ、企業によっては人材確保としての側面もあります。

そのため、長期インターンシップは、就活間近である大学3年生だけが対象ではなく、大学2年生も対象になるのです。

大学2年生向けのインターン募集を見てみる

大学2年生から始めるなら長期インターンシップ

大学2年生のうちからインターンに参加することは非常におすすめできます。

インターンは、仕事や企業、業界の理解を深められることはもちろんですが、インターンの経験自体が将来の就活においてアピールする経験となります。

それでも「インターンは大学3年になってから参加すればいいや」と思う就活生も多くいるでしょう。しかし、3年生になると、就職活動に向けて様々な準備を始めなければなりません

自己分析や業界・企業選び、エントリーシートの作成、面接対策などと想像しているよりもやるべきことが多く、インターンに参加すること自体が日程的に困難になる場合もあります。

大学2年生のうちからインターンを経験することで、将来自分がやりたい仕事や就職したい企業や職種、業界なども見えてくるため、いざ就活を始めようと思った際に同世代の就活生よりも良いスタートダッシュを切ることができるでしょう。

就活前の事前準備という意味でも、大学2年生のうちからインターンに参加をすることをおすすめします。

大学2年生向けのインターン募集を見てみる

大学2年生からインターンに参加するメリット

大学2年生からインターンに参加することは多くのメリットがあります。

インターン参加メリット①
就活のガクチカに困らない

まず一つ目は、「ガクチカに困らない」ことです。「ガクチカ」とは、「学生時代に力を入れたこと」の略です。

なぜ「ガクチカ」の話をしたかと言うと「学生時代に力をいれたことは何ですか?」という質問が、就職活動の面接においてどの企業でも必ず聞かれると言っても過言ではないほどの定番質問であるからです。そのアピールネタとして「インターンの経験」は非常に高い評価に繋がります。

もちろんガクチカは、インターンだけではなく、アルバイトやサークル活動、部活動、ボランティア、留学など何でも構いませんが、インターンの経験は、実際の企業で働いた経験であるため、採用後に活躍してくれるイメージに繋がりやすいのです。

3年生になっていざ就活を始めようと思った際に、「ガクチカが無い…」と悩む学生は非常に多いです。そうならないように、大学2年生からインターンに参加することをおすすめします。

インターン参加メリット②
たくさんの企業や職種、業界を知ることができる

二つ目は、「より多くの企業や職種、業界を知ることができる」ことです。

大学3年生からインターンに参加するひとは多いですが、3年になると就活のためにやるべきことが多く、インターンシップに参加できる企業は、せいぜい2~3社程度です。また、その中でも長期インターンに参加しようと思った場合、1ヵ月以上の時間を要するため複数社のインターンに参加することが難しくなります。

一方で、大学2年生のうちは比較的自由に使える時間が多くあるため、より多くの会社の長期インターンを経験することができます。また、明確に志望している職種や業界が無い場合であっても、何社かの長期インターンを通じて自分自身に合う業界や職種、企業を知ることができるでしょう。

時間的に余裕があることは就活が始まる前の大学2年生の特権であり、その時間を長期インターンに使うことは将来のキャリア選択のためにも非常におすすめです。

インターン参加メリット③
アルバイトと同様に給与が発生する

三つ目は、「アルバイトと同様に給与が発生する」ことです。

前述の短期インターンと長期インターンの違いの説明において、短期インターンは無給であるケースが多いですが、長期インターンは有給であるとご紹介しました。給与が発生することは大きなメリットと言えるでしょう。

大学生は、学業や将来のキャリアに関して考えることももちろん大切ですが、遊びや趣味、自分のやりたいことに打ち込むことも大切です。そのため、全ての時間を将来のキャリアのためだけに使うのも勿体無いですよね。

しかし、給料が出てるのであれば話が変わります。おそらく多くの大学生がアルバイトをしていると思いますが、目的がお金を稼ぐことであればお金も稼ぎつつ有意義な時間にしたいですよね。それを実現できるのが長期インターンシップです。

ちなみに、長期インターンの仕事内容によってはインセンティブ(成果に応じて追加で支給される給与)が発生するものもあります。その場合、アルバイトよりも効率よく稼ぐこともできます。

お金も稼ぎながら、将来のキャリアに役立つ経験ができることも大学2年生のうちから長期インターンに参加する大きなメリットと言えるでしょう。

大学2年生向けのインターン募集を見てみる

大学2年生からインターンに参加する際の注意点

大学2年生のうちからインターンに参加するメリットをご紹介しましたが、参加にあたりいくつか注意すべき点があります。

インターン参加の注意点①
大学2年生が参加対象であるかを事前に確認する

1つ目の注意点は、「大学2年生が参加対象であるかを事前に確認をしておく」ことです。

インターンの中でも、長期インターンは大学2年生でも参加できると説明しましたが、全ての企業の長期インターンに参加できるわけではありません。企業によっては長期インターンであっても大学3年生、もしくは大学院1年生のみを対象としている企業があります。

そのため、事前にインターンの募集ページや求人票から大学2年生が対象であるかを確認しましょう。万が一明記が無い場合、応募前に一度問い合わせをすると良いでしょう。

インターンの募集であっても、応募する際に履歴書などを提出する必要があります。そもそも大学2年生が対象では無かった場合、履歴書を作る時間が無駄になってしまうため、事前に応募対象であるかを確認することをおすすめします。

インターン参加の注意点②
履修登録に注意しよう

2つ目は、「授業の履修登録に注意する」ことです。

長期インターンシップは企業で働くため、基本的には平日の日中(9:00~19:00の間が一般的)に参加することになります。本業である学業も疎かにしてはいけないため、参加したいインターンシップに合わせて履修登録を工夫する必要があります。

「週〇日以上」「1日〇時間以上」勤務する必要があるといったように、長期インターンシップには参加条件が設定されていることがほとんどです。ただ、週5日、1日8時間などフルで稼働しなければいけないといった長期インターンシップはほとんどありませんから安心してください。

以上の理由から、どうしても参加したい長期インターンシップがあれば、事前に募集ページや求人票などに記載している参加の条件を確認してから履修登録をするのが良いでしょう。例えば、平日5日間のうち、2日は午前だけ授業を入れて、午後から長期インターンシップに行くといったように時間を無駄にせず長期インターンシップに参加することができるでしょう。

インターン参加の注意点③
学業との両立に注意しよう

3つ目は、「学業と両立する」ことです。

大学生の本業は学業です。「長期インターンに没頭しすぎて単位を落としてしまった」等という事態は絶対に避けましょう。大学2年生で単位を落としてしまうと、本格的に就職活動が始まる3~4年生に受講する授業数が増えてしまいます。また、最悪の場合、留年の可能性がでてしまっては本末転倒です。

そのため、学業に影響がない程度で長期インターンに参加をするようにしましょう。

インターン参加の注意点④
インターンに参加する目的を明確にする

最後の注意点は、「インターンに参加する目的を明確に持つ」ことです。

インターンは学生のうちに社会人と同じ仕事を経験できることができる場です。しかし、参加するだけでは意味が無いです。インターンの経験は就職活動を有利に進めることができる経験というイメージが強いですが、参加したことが評価されるわけではなく、正しくはインターンを通じて得られた成果や経験、スキルが評価されるのです。

特に長期インターンでは、社会人と同じ仕事をするわけですから、普通のアルバイトよりも忙しいことがほとんどです。そのため、明確な目的意識を持って参加をしなければ、時間だけがあっという間に過ぎてしまったり、苦痛な時間となってしまいます。

将来の就職活動へ活かすために、インターンへ参加する前にまずは、自分は何のためにインターンに参加するのか、インターンを通じて何を学びたいのかを明確に整理した上で参加するようにしましょう。

大学2年生向けのインターン募集を見てみる

大学2年生からインターンを始めるのがおすすめなひと

最後に、大学2年生のうちからインターンを始めるべきひとの特徴をご紹介します。一つでも当てはまるひとはぜひインターンに参加してみてください。

①少しでも就活に対する不安があるひと

まず一つ目は、「少しでも就活に対する不安があるひと」にはインターンへの参加をおすすめします。

インターンに参加することで、社会人の仕事のイメージが湧いたり、職種や業界理解が深まります。また、インターンの経験は、将来の就職活動でアピールできるガクチカにもなります。

2年生のうちに少しでも就職活動に対して不安があるひとはインターンを経験することで不安解消にもなるでしょう。

②お金を稼ぐためだけのアルバイトはしたくない

2つ目は、「お金を稼ぐためだけのアルバイトをしたくないひと」です。

長期インターンでは、給料が発生します。アルバイトで身に付くスキルや経験が無いわけではありませんが、長期インターンの方が社会人と同じ業務を行うため、身に付くスキルや知識が圧倒的に多いです。また、経験だけではなく、多くの社会人との接点を持つことができるため、それだけでも得られるものが多いでしょう。

お金を稼ぐという同じ目的であれば、よりあなたにとって有意義な時間となる長期インターンに参加するのが良いでしょう。

③将来就きたい職業や志望している業界が無いひと

最後は、「将来就きたい職種や志望している業界が無いひと」です。

「将来やりたい仕事がない」という学生は非常に多いと思います。インターンを通じて実務経験を積むことは、実際に働くイメージが湧くことはもちろん、自分が興味のある仕事なのか、将来やりたいことなのかを知る大きなきっかけになるでしょう。また、やってみた結果、向いていないと感じた場合であっても、それはそれでインターンの成果と言えるでしょう。

やりたい仕事が分からない、志望業界や職種が見つからないという人は、ぜひ長期インターンに参加してみましょう。

大学2年生向けのインターン募集を見てみる

大学2年生のインターン事情まとめ

本記事では、大学2年生のうちからインターンに参加するメリットや参加する際の注意点などをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

大学2年生からインターンに参加することで、将来のキャリア選択を考える大きなきっかけとなるでしょう。近年では、就職活動も徐々に早期化してきています。そのため、大学3年生から就職活動を始めるという常識さえも無くなるかもれしません。

将来のキャリアについて考え始めるのは早いに越したことはありません。本記事をきっかけにキャリアを考えるきっかけになれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

長期インターン探しはRenew(リニュー)


長期インターンならRenew(リニュー)

 

長期インターンを始めるなら、Renew(リニュー)で探してみよう…! 大学1年生から始められる就業型インターンシップが、身につけたいスキルや仕事内容から見つかります。

 

 

はじめてのインターンシップでも安心して働けるように、Renewがあなたのキャリア選択をサポート。いまなら会員登録限定で、インターンシップ面接対策ガイドがもらえます!

 

長期インターンを探してみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。