【無料】長期インターン相談受付中!

面接練習はどれくらいがベスト?面接準備の時間とやりすぎの注意点

面接練習 どのくらい

就活の早期内定を狙うなら、面接練習が必要不可欠です

とはいえ「面接練習ってどのくらいすれば良いの?」「効果的な面接練習ってあるの?」と初めての面接対策に不安を抱く人も多いと思います。

そこで本記事では、就活の面接通過を目標に練習効果を最大限に引き出す面接準備について解説していきます

面接練習のコツも紹介していますので、内定に向けて面接スキルをブラッシュアップしていきましょう。

面接練習をするならキャリアチケット(就活エージェント)がおすすめ!キャリアのプロが、ES添削から面接練習までマンツーマンで対応してくれます。

【就活支援サービス】

完全無料&就活サポートを受けるならココ!

 

【1位キャリアチケット(就活エージェント)

内定直結の就活サポートが最高クラス!

最速内定を狙うならココがおすすめ

 

【2位】キャリアパーク(就職エージェント)

1次面接免除!特別推薦ルートに進める

オンライン相談OK!書類選考免除あり

 

【3位】レバテックルーキー

エンジニア就職を目指すなら絶対登録!

プログラミング未経験でも就活成功します

 


【就活サイト】

絶対登録したい就活サイト3選!

 

【1位】オファーボックス(OfferBox)

絶対登録!スカウトが届く就活神サイト

大手企業から早期選考スカウトが届く!

 

【2位】キャリアチケットスカウト

登録必須!価値観診断付きのスカウト就活サイト

大手企業が急増中|選考免除の案内あり

 

【3位】キャリアパーク(自己分析)

完全無料!性格診断から強みが見つかる!

SPI問題集・面接力診断も無料で使える!

就活サイト・就活エージェントを探す
就活サイト 就活エージェント 就活アプリ
逆求人サイト 就活イベント 自己分析ツール
理系向け就活サイト 就活支援サービス 就活口コミサイト
エンジニア就活サイト ES添削サービス 長期インターンサイト

面接練習サービスを知りたい方はこちらの記事(おすすめ面接練習サービス)をご覧ください。

面接練習の効果的な時間

選考本番に向けて、面接練習は何度も重ねたいですが、どのくらいの時間、頻度練習するべきなのでしょうか。

まずは、面接練習を効果的に進めるための時間・頻度について解説していきます!

1日30分〜1時間がおすすめ

面接練習に取り組むうえで大切なことは、自分に合った練習時間を見つけることです

自分に適した練習時間をつかむため、まずは1日30分~1時間程度から取り組んでみましょう!

「面接練習は長ければ長いほど良いんじゃないの?」と思うかもしれませんが、集中力が継続しやすい30分から1時間の練習で、内容の濃い練習を行う方が効果が高いです。

面接練習では、スピード感あるインプット・アウトプット求められるので非常に疲れます。最大でも1時間程度で終わらせた方がメンタル面でもベターです。

1日30分~1時間程度であれば、学業やアルバイトの合間を縫って練習時間の確保もできます。

成果が出やすい練習時間は人によって異なるので、まずは1日30分~1時間程度で取り組み、自分に合った練習時間を見つけていきましょう!

週2〜3回は練習しよう

面接練習は、週2~3回のペースで進めるのが効果的です

面接練習を始めたばかりの時は、繰り返し反復練習を行い、面接の流れや受け答えのポイントが掴めてきたら、週2~3回のペースに移行していくと良いでしょう。

面接スキルを高めるためには、練習は毎日した方が良いのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、毎日練習を行っているとルーティン化してしまい、流れ作業的な面接練習になってしまう可能性が出てきます。

そのため、メリハリがつく週2~3回程度で練習日程を組むことがおすすめです。週2~3回のペースで最大限の効果を生むためには、本番さながらの雰囲気を作って練習を行うことが重要です。

本番では、独特の緊張感がありますので、その雰囲気に慣れるためにも練習の段階から緊張感ある雰囲気で取り組むようにしましょう!

面接練習は何日前から始めるべき?

面接練習に適した練習時間・頻度が分かれば、次は面接練習をいつから始めれば良いのかという点ですね。

面接練習を始めるタイミングについて解説していきます!

1週間前から準備しよう

面接練習は、本番の1週間前から準備しましょう

エントリーシートを提出した時点で、業界・企業研究のベースは仕上がっていると思いますので、「思考の言語化」を中心に練習を重ねましょう。

思考の言語化とは、志望企業の印象や魅力を感覚ではなく、具体的な言葉で表現しておく準備です。例えば、「御社の社風を魅力に感じています!」よりも「御社の“チーム力を重視した社風”に魅力を感じます!」の方が説得力が増しますよね。

意外と大切なポイントが実際に言葉として発すること。実際に話してみると、要点を得ずに長々と話してしまったり、声のトーンが思ったよりも暗かったりと、思わぬ課題がどんどん出てきます。

練習と改善を繰り返すことを踏まえ、最低でも1週間前から練習を開始しましょう。

よくある質問の準備を忘れずに

面接練習前には、よくある質問の準備も忘れずに行いましょう

例えば、志望動機や自己PR、ガクチカは王道の質問に対し、志望企業の求める人物像にリンクした回答を事前に準備しておくことが重要です。

王道の質問は深掘りされることが多い質問でもあります。自己分析を振り返り、行動動機や価値観、エピソードから得た学びなどは頭にしっかり入れておきましょう。

また、意外と大事な準備が逆質問です。逆質問は、志望度や企業理解度、着眼点の鋭さなどを推し量れるため、採用担当者が重視している項目です。

経営スタイルや社風、今後の展望など、企業の本質に迫れる質問ができると「この学生は当社に真剣に向き合ってくれている」と評価してもらえます。

良い逆質問は、企業に対する本気度をアピールできる手段のひとつなので、しっかりと事前に対策しておきましょう!

面接練習を効果的に行う方法

ここからは、面接練習をより効果的に行う3つの方法を紹介していきます!

面接練習では、客観的な視点で自分の受け答えを振り返ることが上達のコツです。面接練習のサポートを受けながら、面接スキルをブラッシュアップしていきましょう。

就活エージェントを活用する

効果的な面接練習方法1つ目は、就活エージェントを活用する方法です

就活エージェントとの面接が効果的な理由は、企業目線でのアドバイスがもらえる点です。就活エージェントは、長年にわたって築いてきた採用担当者との関係性から、企業が欲する人物像や面接の雰囲気などを把握しています。

「企業からどう見えるか」「どのような言い回しが企業に響くか」という視点での面接指導を得意としていますし、企業の評価ポイントを熟知しているからこその実践的なアドバイスをもらえます。

さらに、自己分析の深掘りやES添削もセットで行ってくれるので、面接での受け答えに一貫性が生まれて説得力がある受け答えもできるようになります。

手厚いサポートを受けながら実践的かつ効果的な面接練習を行いたい人は、積極的に就活エージェントを活用してくださいね。

キャリアセンターを活用する

効果的な面接練習方法2つ目は、キャリアセンターを活用する方法です

キャリアセンターは大学構内に設置されているため、「いつでも」「気軽に」訪問できる点でおすすめです。自分からコンタクトが必要な就活エージェントへの相談になかなか踏み出せない人は、キャリアセンターから面接練習を始めてみましょう。

キャリアセンターにも就活エージェント同様に経験値が高いキャリアカウンセラーや職員が在籍しているため、実践的なアドバイスがもらえます。また、面接練習をしたい仲間を募って集団面接の練習もできる点は、大学機関だからこそのメリットであり、使わない手はありません!

なお、面接練習には事前予約が必要な場合が多く、就活期には順番待ちが発生することも。余裕を持って面接練習を進めるためにも、キャリアセンターの混雑状況はマメにチェックするようにしましょう。

OB.OG訪問を活用する

効果的な面接練習方法3つ目は、OBOG訪問を活用して面接練習を依頼する方法です

OBOGに面接練習を依頼する最大のメリットは、志望業界あるいは志望企業目線での実用的なアドバイスがもらえる点です。

「積極性を大事にする社風だから、自己PRに主体性の要素を加えてみたら?」「競合他社のA社としっかり比較できると、一目置かれるよ!」など、実際に面接をクリアして入社したOBOGだからこその、有益な情報が得られる可能性が高いです。

さらに、就活生と年齢が近いことが多いので、エピソードの選び方や面接マナーなど、直近の経験談に基づく的確なアドバイスがもらえることもメリットです。

年齢や立場が近いOBOGからの面接アドバイスは、自分に置き換えて考えやすいので、自力で効果的な面接練習を行いたい人は積極的に取り入れてみてくださいね。

面接練習のやりすぎには注意

選考通過を見据えて面接練習は必要になりますが、練習のやりすぎは逆効果になってしまうこともあります。

空回りした面接練習にならないよう、しっかりと注意点を理解しておきましょう。

丸暗記の会話になってしまう

面接練習をしすぎるとオリジナルの台本ができてしまい、面接本番で丸暗記調の不自然な会話になってしまいます

「用意した台本に沿って上手に話せた!」と自分では思っていても、面接官にロボットと話しているような違和感を与えてしまうこともあります。

コミュニケーションに違和感が生じる不自然さは、「ただ用意してきた言葉を言っているだけだな」「応用力に欠けそう」と面接官からの評価が下がってしまうので気を付けましょう。

面接で大切なポイントは、会話のキャッチボールを意識することです。その場の空気感や質問の意図を適切に汲み取り、ベストなボールを投げ返すことが重要であり、柔軟性のある会話力がそのまま評価に直結します。

最初は暗記から入っても構いませんので、練習を繰り返す中で徐々に台本を崩し、自然な会話ができるようになりましょう!

想定外の質問に回答できなくなる

面接練習をやりすぎると想定外の質問に回答できず、臨機応変さに欠けてしまいます

面接練習をやりすぎると、自分の中で面接マニュアルができてしまい、マニュアル外の質問を聞かれるとパニックになってしまうケースが多々あります。

例えば、面接で良く聞かれる志望動機に関する質問は「当社のどのような点に共感しましたか?」「当社を調べる中で、興味を持った点はありますか?」というように様々な角度から深掘りされます。

そのため、「志望動機を教えてください。」というオーソドックスな質問だけで回答マニュアルを作ってしまうと、咄嗟に答えられず評価が下がってしまいます。

面接官は、学生が持つ思考の回転力を判断するために様々な角度で質問を投げかけてきます。臨機応変さを発揮するためにも、自分の回答スタイルが固定化してしまうほどの面接練習は避けてくださいね。

面接練習に関するよくある質問

最後に、面接練習に関するよくある質問を紹介していきます。

就活に欠かせない面接練習だからこそ、ちょっとした疑問・不安は早めに解消し、面接力アップに向けて準備していきましょう!

面接練習はしない方が良いですか?

面接練習は絶対にしましょう

「面接練習をすればするほど台本読みになっちゃう!」「前もって用意した回答に縛られたくない!」という意見もありますし、面接練習をしない方が、自然なコミュニケーションや表情ができると考える人もいるでしょう。

しかし、せっかく得られた面接の機会を練習なしで挑むのは、非常にもったいないです。

面接では、自分が伝えたいことを相手がわかるように説明できる会話力が求められます。これは一夜漬けでできるものではなく、地道な練習を重ねることで始めて身に付くスキルです。

先程も紹介したように面接練習のしすぎに注意しながら、インプット・アウトプットのコツを掴むようにしていきましょう!

面接の練習しすぎは逆効果ですか?

面接の練習をしすぎると、かえって逆効果になることもあります

自分の中で面接スタイルが確立してしまうと、面接本番でも覚えてきた動作や回答を丸々再現するような形になってしまいます。

自分では上手く答えているつもりでも、実際は採用担当者の意図と異なる回答を連発してしまうことも。会話から生じる違和感は「本番に弱い人だな…」「コミュニケーション能力が低そう…」といった印象を採用担当者に与えてしまい、不合格に繋がってしまいます。

面接で重要なポイントは、その場の会話進行に合わせた理解力と表現力です。思考の柔軟性や回転力をアピールするためにも、面接の練習のしすぎで解答内容をガチガチに固めるのは避けるようにしましょう。

面接練習前にやっておくと良いことはありますか?

自分を表現するためのキーワードを5つピックアップしておきましょう

面接で頭が真っ白になってしまった際、キーワードを踏まえた会話で立て直していけば、伝えるべきこと・伝えたいことが大きくブレることが無くなります。

例えば、「#成長重視」「#コミュニケーション能力」のようにハッシュタグ感覚で整理していくと良いですよ。

同様に志望企業もハッシュタグでキーワード整理しておきましょう。会話の中に企業に関するキーワードを散りばめることで、「当社のことをよく理解しているな」という印象を自然と与えることができます。

このようなキーワードを中心にした面接練習は、本番でスムーズな会話にもっていきやすいです。「台本読みになっちゃう!」「緊張したら頭が真っ白になっちゃう!」という人は、ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

最後に本記事をまとめます。

  • 面接練習は、集中力が持続する1日30分~1時間程度、週に2~3回行うのがおすすめ。
  • 客観的立場の人から自分では気付かないアドバイスをもらうことが、面接練習の効果を引き出すコツ。就活エージェントやキャリアセンターなどを積極的に活用しよう。
  • 本番の面接では、臨機応変な会話力が重要。面接練習のしすぎで堅い受け答えにならないように注意しよう。

緊張必須の面接では、いかに本番をイメージした練習を重ねられるかが選考突破のキーポイントです。

面接練習は、上手く受け答えできるようになることがゴールではありません。採用担当者の目をしっかり見て、自分の想いを伝えられるようになることがゴールです。

本記事を参考に効果的な面接練習を重ね、あなたの想いをしっかり企業にアピールしてくださいね!

就活サイトは目的にあわせて2〜3個ずつ登録するのがおすすめです。就活は情報戦、必要な就活サイトは全て登録しておきましょう!
就活エージェントの評判・口コミ
キャリアパーク 就活エージェント キャリアパーク就職エージェントの評判・口コミ
全国各地から優良企業を厳選。大手企業の内定獲得にも強い
ミーツカンパニー ミーツカンパニーの評判・口コミ
ES添削や面接練習、GD練習などの就活サポート付き
キャリアチケット キャリアチケットの評判・口コミ
量より質をコンセプトに本当に合う会社しか紹介されない
ジョブスプリング ジョブスプリングの評判・口コミ
自己理解を深める徹底的なカウンセリングが強み
レバテックルーキー レバテックルーキーの評判・口コミ
ITエンジニア就職に特化した就活エージェント
irodas SALON イロダスサロンの評判・口コミ
関西圏で強い就活コミュニティサービス
doda新卒エージェント doda新卒エージェントの評判・口コミ
推薦応募・ES添削・面接練習など、内定獲得まで徹底サポート
キャリセン就活エージェント キャリセン就活エージェントの評判・口コミ
適職にマッチしたホワイト企業・成長企業を紹介
就活サイトの評判・口コミ
OfferBox オファーボックスの評判・口コミ
大手企業・外資系企業からスカウトが届く
キャリアチケットスカウト キャリアチケットスカウトの評判・口コミ
価値観診断付きの逆求人サイト
キミスカ キミスカの評判・口コミ
適職診断機能・SPI対策機能充実のスカウトサイト
doda キャンパス dodaキャンパスの評判・口コミ
適性検査・キャリアタイプ診断付きの逆求人サイト
アカリク アカリクの評判・口コミ
理系学生・大学院生・博士研究員(ポストグ)に特化した就活サイト
エンジニア就活 エンジニア就活の評判・口コミ
IT.WEBエンジニアに特化した就活ナビサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です